教育方針

教育理念・目標

同志社女子大学は, 新島襄の先駆的な女子教育への情熱に基づく女子塾を起源とし, 創立以来, 良心教育を柱とするキリスト教の精神に基づく人格教育, リベラル・アーツ教育, 国際主義教育を核にすえ, その実現に向けた教育研究活動を実践している。すなわち, 「良心を手腕に運用」して「キリスト教主義に基づき, 世界的視野で主体的に考え行動」し, 「国家から個人に至るまで, 国際社会を構成する一員であることを自覚して, 文化, 経済, 外交面にわたる国際交流を推進しながら国際社会に貢献し, その結果として国際社会における地位を高めること」のできる女性の育成につとめている。
この建学の精神および基本理念に基づき, 時代や社会の要請に応じた教育を行い, いずれの学部学科においても, 専門分野に関わる識見と幅広い教養とを身に付けさせ, 多様な進路に柔軟に対応できるバランスのとれた女性を社会に送り出すこととしている。

教育方針


情報公開