教育方針

教育理念・目標

同志社女子大学は、新島襄の先駆的な女子教育への情熱に基づく女子塾を起源とし、創立以来, 良心教育を柱とするキリスト教の精神に基づく人格教育、リベラル・アーツ教育、国際主義教育を核にすえ、その実現に向けた教育研究活動を実践している。すなわち、「良心を手腕に運用」して「キリスト教主義に基づき、世界的視野で主体的に考え行動」し、「国家から個人に至るまで、国際社会を構成する一員であることを自覚して、文化、経済、外交面にわたる国際交流を推進しながら国際社会に貢献し、その結果として国際社会における地位を高めること」のできる女性の育成につとめている。
この建学の精神および基本理念に基づき、時代や社会の要請に応じた教育を行い、いずれの学部学科においても、専門分野に関わる識見と幅広い教養とを身に付けさせ、多様な進路に柔軟に対応できるバランスのとれた女性を社会に送り出すこととしている。

同志社女子大学 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

同志社女子大学は、建学の精神に基づき、キリスト教主義教育、国際主義教育及びリベラル・アーツ教育の3つの教育理念により、良心をもって知識, 能力を運用し、社会の礎となって活躍する自立した女性を育成する。本学は、次に掲げる人物で、かつ各学部学科、専攻科、研究科のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)又は修了証書授与の方針に定める基準に到達し所定の卒業又は修了要件を満たした者に学位又は修了証書を授与する。

  • キリスト教主義教育により、隣人を愛し他者を思いやるこころを持ち、世の光・地の塩となって他者及び社会に奉仕することのできる人物。
  • 国際主義教育により、異文化を尊重するとともに、言語や民族の違いを越えてグローバルな視点に立って国際社会で主体的に行動できる人物。
  • リベラル・アーツ教育により、深い学術的知識、専門的技能と幅広い教養を持ち、学士にふさわしい分析力、思考力、創造力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力、リーダーシップ、変化対応力、自己管理力、自己実現力などの基礎的・汎用的能力を持った人物。

同志社女子大学 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

同志社女子大学のカリキュラムは、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力や資質を涵養するとともに、学生一人ひとりの能力を最大限に引き出し、それぞれの興味や関心に従って自己の進路を切り開く力をつけることができるよう編成されている。

【体系性】
幅広い教養と広い視野を拓くため、全学部学科共通に「共通学芸科目」「キリスト教・同志社関係科目」「外国語科目」「スポーツ・健康科目」の各科目区分が設けられ、それぞれの区分に多様な科目が設置されているとともに、多くの他学部他学科科目や他大学科目の履修を認めている。
専門分野のカリキュラムは、「基礎教育科目」や「入門・概論科目」などから「応用・各論科目」「基幹科目」などへと段階的、発展的な科目区分が設けられ、最終的には「卒業研究」や「卒業論文」などにつながるように編成されている。
講義科目、演習科目、実験・実習・実技科目などの多様な授業形態の科目が、学部学科の特性に従ってバランスよく配置されている。
専攻科においては、3専攻固有の科目と各専攻共通科目に区分して科目が設置されている。
大学院においては、専攻及び課程ごとに適切な「類」や「分野」を設けて科目が設置されている。
 
【教育内容】
キリスト教主義教育、国際主義教育及びリベラル・アーツ教育の3つの教育理念を基本とし、学生の学習意欲を刺激し支援する学習者本位教育活動を展開している。また、どの分野の学問を専攻する場合にも社会のどの分野に進む場合にも必要とされる基礎的・汎用的能力の獲得も重視している。
  • 学部においては、幅広い教養と広い視野を拓くため、多様な分野の科目が「共通学芸科目区分」に設置されているほか、他学部他学科の科目や他大学の科目を履修する機会が豊富に用意され、国内外の協定大学等への留学の機会も設けられている。
  • 「キリスト教・同志社関係科目」区分では、キリスト教の歴史や文化を学ぶとともに、本学の建学の精神に触れる機会を共有している。
  • 「外国語科目」区分には、本学で伝統的に重視されている英語教育科目の他、多様な言語教育科目が設置され、異文化を理解し国際社会で活躍するための基礎的な力である外国語運用能力を身に付けられるようになっている。
  • 「スポーツ・健康科目」区分には、生涯にわたる健康について多様な側面から学ぶ科目が設置されている。
  • 専門分野の教育については、各学部学科において深い専門分野の教育が展開されている他、大学での学習方法などを学ぶ初年次教育や自らのキャリアデザインを描き学習のモチベーションを高めるキャリア教育も実践されている。
  • 免許・資格課程に関しては、原則として全学を対象とした学芸員課程、司書課程、司書教諭課程、日本語教員養成課程、社会福祉主事(任用資格)課程、ピアヘルパーの課程と特定の学科等を対象とした教職課程やその他の課程を設置している。
  • 専攻科においては、学部教育の基礎の上に、学問分野に関するより高度な技術や知識を備え、社会に貢献することができる女性を育成する教育が実践されている。
  • 大学院においては、学部教育の基礎の上に、学術の理論及び応用を教授研究し、精深な学識と研究能力を養い、文化の進展に寄与する女性を育成する教育が実践されている。
【教育方法】
  • 知識・技能を獲得することが主目的の科目、知識・技能を活用することが主目的の科目など、それぞれの科目の特性に適した多様な教育方法が実践されている。 教える者と学ぶ者との双方向性や学ぶ者同士の相互性を重視するアクティブ・ラーニングが多様な形で実践されている。
  • 知識や技能を無批判に獲得するのではなく、「知識を得る」「体験する」「深く考える」「考えをまとめ、他者に伝える」「他者と議論しあるいは相互に評価し合う」「自らの考えを修正し鍛え直す」などの過程を通して、知識や技能を真に自分のものとするとともに、創造性に溢れた発想を涵養する教育が重視されている。
【学修成果の測定方法】
  • 学修成果の測定方法は科目により異なるが、本学では学修のプロセスで獲得できる多様な能力と学修の結果としての知識や技能などの双方を重視し、それぞれの観点から多様な方法での測定を行う。
  • 個々の科目の学修成果の測定結果を、学部学科、専攻科、研究科としての到達目標の達成度の測定に活用し、教育力のいっそうの向上に努める。
  • 本学の学生に卒業時までに身に付けてもらいたい10の力(本学の英語名称であるDoshisha Women’s College of Liberal Arts にちなんで DWCLA10 : 分析力、思考力、創造力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力、リーダーシップ、思いやる力、変化対応力、自己管理力、自己実現力の10の力)の達成度の測定は、成績評価のほか、在学生アンケート、授業アンケートなどでも行う。

同志社女子大学 アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

【教育理念・目標】
同志社女子大学は、新島襄の先駆的な女子教育への情熱に基づく女子塾を起源とし、創立以来、良心教育を柱とするキリスト教の精神に基づく人格教育、リベラル・アーツ教育、国際主義教育を核にすえ、その実現に向けた教育研究活動を実践している。すなわち、「良心を手腕に運用」して「キリスト教主義に基づき、世界的視野で主体的に考え行動」し、「国家から個人に至るまで、国際社会を構成する一員であることを自覚して、文化、経済、外交面にわたる国際交流を推進しながら国際社会に貢献し、その結果として国際社会における地位を高めること」のできる女性の育成につとめている。
この建学の精神および基本理念に基づき、時代や社会の要請に応じた教育を行い、いずれの学部学科においても、専門分野に関わる識見と幅広い教養とを身に付けさせ、多様な進路に柔軟に対応できるバランスのとれた女性を社会に送り出すこととしている。
 
【入学者受入れの方針】
本学は、「キリスト教主義」・「国際主義」・「リベラル・アーツ」を教育の理念とし、学生一人ひとりが持っている才能を生かして、責任感を持って社会に貢献できる女性を育むことを目指している。
入学者受入れにあたっては、それぞれの学部学科における教育理念および教育目標に基づく専門的知識と理論を修得し、様々な分野で社会において貢献・活躍したいと考える多様な優れた資質を有し、学びへの意欲に溢れる女性を求めるとともに、個性豊かな学生が互いを尊重し合い、高め合う教育環境を実現するために観点の異なる複数の入学者選抜を実施している。
入学者選抜において、高等学校における教科学習の総合的な達成度を評価するため、学部学科ごとの入学試験教科・科目の設定や、学業以外の分野における秀でた個性(活動歴)、異文化体験、社会人としての経験等を評価する複数の選抜方法の設定など、本学の建学の精神に深い理解を示し、自覚をもって勉学に励もうとする個性豊かで有能な女性を、多様な複数の選考制度を通して広く求めている。

情報公開