障がい学生支援

障がいのある学生が、希望する授業において、他の学生と同等の環境で受講できるよう、ボランティアを配するなどの支援体制を整え、すべての学生が快適な学校生活を送れるよう、細やかにサポートしています。

支援状況について

現在、在学中の障がい学生に対して、1授業につき2名のボランティアを配し、IPtalkを利用したパソコンテイクやノートテイクによる授業サポートを実施しています。その他にも、グループディスカッションを中心とする科目や実験実習科目などは、利用者からの相談や支援要請に応じ、適切なサポートを行っています。
パソコンテイクボランティアの募集は随時行い、より効果的な支援ができるようにボランティア学生を対象とした体験会や講習会を実施しています。

パソコンテイク利用実績
  利用学生 ボランティア
(京田辺)
ボランティア
(今出川)
2013年度 2 41 21
2014年度 0 - -
2015年度 0 - -
2016年度 1 34 0
2017年度 1 33 0

サポート制度