学びの分野と特徴

現場に生きる実践力や専門性と豊かな人間性を育む

Point 1

京都で最も歴史のある管理栄養士養成の伝統校

Point 2

充実した教育体制 -国家試験対策もサポート-

Point 3

卒業後の進路を見すえた早期からのキャリア教育 ―さまざまな分野で卒業生が活躍―

200622_nutritionist_4years_2.jpg

200605_nutritionist_intro1.jpg
200605_nutritionist_intro2.jpg
200605_nutritionist_intro3.jpg

基礎教育科目

初年次教育として1年次から2年次の間に、講義や実験・実習によって化学・生物・情報処理の基礎力を強化します。

 

応用・各論科目

講義や実験・実習、校外・臨地実習をとおして系統的かつ効率的に学修することで、食と健康に関して科学的根拠に基づいた提案ができる力を育成します。

 

卒業論文

3年次までの学びを土台に、食に関する専門的な研究に取り組みます。

 

カリキュラムはこちら

 

PICK UP科目

食事計画実習

給食提供の基礎となる栄養計画、献立作成、調理・配膳作業計画、経営計画(原価管理)、衛生管理計画の知識と技術を身につけ、モデル献立の試食や衛生管理を実践します。

 

基礎栄養学実験

食品中のビタミンについてさまざまな操作を行って残存するビタミン量を測定したり、ラットを用いて栄養素の摂取と生体内代謝との関係を、血液および肝臓中の成分分析や酵素活性を測定して理解します。

 

臨床栄養学実習A・B

チーム医療の一員として栄養管理や栄養指導を行う対象となる疾患を重点的に取り上げ、具体的な症例について栄養アセスメントの方法、栄養療法のプランなどについてグループワークを中心に学びます。

 

公衆栄養学Ⅰ・Ⅱ

個人や集団の健康の維持・増進、さらに疾病を防ぐことを目的とする公衆栄養学。栄養・食物に関する広い視点から栄養問題を考察します。

 

栄養教育論Ⅰ~Ⅲ

栄養基礎理論を基に、国民の栄養・食生活の現状をふまえて、栄養教育を理解します。食生活を支援するための栄養教育の実践能力に必要な理論と方法を修得します。

 

臨床病態学Ⅰ~Ⅲ

医師が担当する、臨床医学唯一の授業。チーム医療の一員として活躍する、管理栄養士に必要な臨床医学の知識について、病態生理を中心に学びます。

管理栄養士専攻