看護学専攻

本研究科の概要は以下のとおりです。

看護学研究科の入試情報

看護学研究科の入試情報については下記のページをご覧ください。

修士課程 (2020年4月より博士課程(前期)に課程名称変更予定)

設置の目的

本課程は、理論と実践に基づいた研究能力およびエビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を備え、看護現象を探究し、看護学の発展と健康・福祉の向上に寄与できる人材として、リサーチマインドを有し臨床における判断力や指導力、専門的知識と技術の向上・開発を目指す看護職者、精深な学識と研究能力を修得し教育研究者を目指す看護職者、時代の流れに沿った医療環境の大きな変化に対応できる高度な知識・技術を有した助産師の養成を主たる目的としています。

なお、本学看護学部の卒業生以外にも、他大学の看護学部の卒業生や、保健・医療・福祉の現場で就業している看護職者を広く受け入れてまいります。

課程の特色

本課程では、看護学研究分野(入学定員3名)と助産学実践分野(入学定員3名)を軸に、理論と実践に基づいた研究能力およびエビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を備え、看護現象を探究し、看護学の発展と健康・福祉の向上に寄与できる人材の養成を目指します。

■修士課程 (2020年4月より博士課程(前期)に課程名称変更予定)
  • 入学定員/6名(内、助産師養成課程の入学定員3名)
  •  標準修業年限/2年
  •  学位/修士(看護学)
■想定される修了後のフィールド
  • 看護学研究分野
  • 総合病院などの医療機関において専門的知識と技術の向上・開発を目指し、良質な看護を実践する看護職者や、教育研究能力の向上を目指し、大学院(博士課程)に進学し看護系大学において教育研究者の道を志す看護職者など。 
  • 助産学実践分野
  • 助産師国家試験に合格後、時代の流れに沿った医療環境の大きな変化に対応できる高度な助産学の知識・技術を有し、周産期母子医療センターなどで活躍する助産師など。

■概念図

博士課程(後期) (※2020年4月開設)

設置の目的

看護学研究科看護学専攻博士課程(後期)においては、博士課程(前期)での教育・研究をさらに深化させ、看護学の研究者として自立した研究活動を行うのに必要な高度な研究力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを基本的な理念として、看護実践に活用可能な理論の構築や方法の開発を目指し、科学的な思考に基づいた高度な研究・教育・実践活動を推進することのできる女性を育成します。これらの人材を社会に輩出することで、看護学の発展と健康・福祉の向上に寄与することを目的としています。
 

課程の特色

本課程においては、少子高齢社会の高度化・多様化する保健・医療の動向をみすえて、実践的で応用可能な看護学の理論の構築や方法を探究できる教育研究力を備え、指導的役割を担うことのできる人材を育成します。修了後に、教育研究、臨床や地域など多様なフィールドで活躍し、看護継続教育や学生の臨地実習に携わる看護職者、看護系大学教員等の次世代育成や看護学の発展に寄与できる女性の育成を図ります。

■博士課程(後期)
  • 入学定員/3名
  •  標準修業年限/3年
  •  学位/博士(看護学)
■想定される修了後のフィールド
  • 看護系大学の教員、研究員
  • 医療施設の看護職者
  • 行政機関の看護職者

看護学研究科