看護学研究科

看護学研究科は、2020年4月に博士課程(後期)を開設します。これにより、学士課程から、博士課程(前期)、博士課程(後期)へと至る高等看護学教育における9年間の総合的な教育課程が完成します。
博士課程(前期)では、看護理論と実践に基づいた研究能力やエビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を備え、看護現象を探究できる人材の育成に、博士課程(後期)では、実践的で応用可能な看護学の理論の構築や方法を探究できる教育研究力を備え、指導的役割を担うことのできる人材の育成に取り組みます。
急速に進展する少子高齢化や、高度先進医療を背景に看護ニーズが高度化・多様化するなか、研究・教育・実践活動を推進し、看護学の発展や健康・福祉の向上に寄与できる人材を育成するための生涯教育の拠点となることを目指します。

※博士課程(前期)・・・2020年4月より修士課程から課程名称変更予定

 

nursing_research_diagram.jpg

 

看護学研究科看護学専攻には、看護学研究分野と助産学実践分野を設置しています。助産学実践分野は、博士課程(前期)のみに設置する助産師養成課程です。一方、看護学研究分野は、成人看護学とウイメンズヘルスを配置する臨床看護学領域と、高齢者・在宅看護学、公衆衛生看護学を配置する広域看護学領域で構成しています。

看護学研究科設置認可申請関係情報

看護学研究科設置認可申請関係書類 (修士課程)

看護学研究科【認可】設置に係る設置計画履行状況報告書

大学院