学科の特色

「アートとデザイン」「マスメディアとカルチャー」「エンターテインメントとビジネス」 「メディアとテクノロジー」の4分野を自由に組み合わせて学修。 メディア全般の基礎力と、一人ひとりの将来を見据えた専門性を身につけ、 時代の第一線で活躍できる女性を育みます。

新しい価値を、社会へ届けるために。
多様なメディアに触れて、自ら発信・表現・評価できるひとへ。

POINT 1

豊かな創造力と表現力を育む

「アートとデザイン」「マスメディアとカルチャー」「エンターテインメントとビジネス」「メディアとテクノロジー」の4つの分野で学びを展開。専門知識の修得だけでなく、社会で幅広く活躍するための創造力と表現力を身につけます。

POINT 2

少人数×実践スキルを磨く

少人数による実践形式の授業を多数設置するとともに、自身が学びたい分野の科目を柔軟に組み合わせることができる、自由度の高いカリキュラムが魅力です。自身が描くキャリアの実現に向けて、多様なスキル修得が可能です。

POINT 3

充実した環境とサポート体制

WindowsとMacの両方を備えた演習室や、プロ仕様の撮影スタジオを完備。メディア技術に関する専門スタッフが常駐するメディアサポートセンター(msc)では、授業や制作に関するアドバイスを受けることができます。また第一線で活躍するクリエイターやビジネスパーソンによるワークショップや講演会を実施しています。

 

 

情報メディア学科の特色はこちら


メディア創造学科