学びの特徴

カリキュラムの主要4分野を自由に組み合わせて学修。
メディア全般の基礎力と、 一人ひとりの将来を見据えた専門性を身につけ、 時代の第一線で活躍できる女性を育みます。

自分に合った学びをデザインし、将来の可能性を広げる

アートとデザイン

アートとデザインに関する技法・理論の修得および理解を通して、自己表現力と創造的な問題解決ができる力を身につけます。

200605_media_intro_art.jpg

マスメディアとカルチャー

マスコミやジャーナリズムなど、マスメディアの仕組みやその文化的・社会的背景の学びを通し、社会情勢への関心を養い、社会の多様な問題に主体的にかかわる姿勢を育みます。

200605_media_intro_culture.jpg

エンターテインメントとビジネス

エンターテインメントやビジネス業界におけるプロデューサーの役割を理解し、プランニングやマネジメントに関する実践的な学修を通して、情報を的確に収集・編集・発信・評価できる能力を養います。

200605_media_intro_business.jpg

メディアとテクノロジー

多様な情報技術の理解と実践を通して、情報技術およびメディアの発達が社会全般に与える影響を理解し、その変化を予見する能力を養います。

200605_media_intro_technology.jpg

 

カリキュラムはこちら

PICK UP科目

アートとデザイン

グラフィック・WEB基礎演習、写真・動画基礎演習

メディアコンテンツ制作に必要な基礎スキルを『Illustrator』『Photoshop』『InDesign』『Premiere Pro』などの専用ソフトを使用した課題制作を通して修得します。

 

アニメーション表現演習

アニメーションならではの表現特性をふまえ、表現技法の修得と作品制作を行います。

マスメディアとカルチャー

メディア文化史

メディア文化の変遷をたどり、ボーダーレス化した情報社会の現状と将来を展望。学説を紹介しながら、メディア的視点による文化史を考えます。

 

ドキュメンタリー制作演習、ドラマ制作演習

一眼レフカメラをはじめとした撮影機材の使い方や、映像表現に必要な理論や演出法などを修得。また、制作計画立案や役割分担など、チームで物事に取り組む力を身につけます。

エンターテインメントとビジネス

エンターテインメント産業論

映画、舞台、テレビ、CM、ラジオ、WEB、インターネットやモバイル動画などの歴史と基礎を紹介。デジタル時代のエンターテインメントの未来像を考察します。

 

マネージメント研究

将来を設計し、実現するためのセルフプロデュース、セルフマネージメントの考え方を学び、ビジネスの目的・構造を解説したうえで、ビジネスマネージメントの知識を身につけます。

メディアとテクノロジー

プログラミングAⅠ〜Ⅳ

Ⅰ・Ⅱではコンピュータに仕事(処理)の手順を指示するプログラムの基礎について、Java 言語を用いて修得。Ⅲ・Ⅳでは携帯端末にも応用できる実用的プログラムを学修します。

 

データベース論

データベースの基本を理解し、設計や操作を修得します。また、実際にデータベースシステムを使い、小規模なデータベースの構築演習を行います。

教育方針

メディア創造学科のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシーについては下記リンクをクリックして確認してください。

メディア創造学科