女性のための起業家セミナー

何か一歩を踏み出したい、活躍の場を広げたいと考える女性たちにエンパワメントの場を提供します。

2017年度 女性のための起業家セミナー

会場

  ※12月17日(日)の会場が変更になりました!

今出川キャンパス 純正館 S506教室(セミナー①②③④)
                           楽真館 ラーニング・コモンズ    イベントエリア(セミナー⑤)


詳細情報(PDF)

セミナーの詳細につきましてはPDF(右)をご覧ください。

チラシ
               (PDF:4.7MB)

セミナー日程・概要

①オリエンテーション
及び講義
2017年7月29日(土)
13:30~16:00
今出川キャンパス
純正館 S506教室
講師:加藤 敦
「高齢化・人口減少社会に求められる女性達の起業家精神」
講師兼コーディネーター:三宅 えり子
「女性起業家支援の現状と、本セミナーのねらい」
概要
①オリエンテーション及び講義

講演:「高齢化・人口減少社会に求められる女性達の起業家精神」
少子高齢化・人口減少が進む社会に活力を与えるのが、女性達の起業家精神です。起業家精神とは、激変する社会でどんな商品・サービスが求められているのか、事業機会をとらえ、積極性と挑戦心をもって、新しい事業を立ち上げようとする心意気です。では、女性達の起業家精神が、なぜ今、重視されるのでしょうか。我が国経済・社会が抱える課題、起業家精神と開業動向の国際比較そして女性起業家の特徴について報告し、皆様と一緒に考えていきたいと思います。

講師:加藤 敦(かとう あつし) 同志社女子大学現代社会学部教授
東京大学卒業後、民間会社勤務を経て現職。専門は経営学(起業・中小企業論)。博士(国際経営学・青山学院大学)。近年は地域社会の起業創発について、女性、情報化をキーワードに研究に取り組む。起業・中小企業研究国際評議会(ICSB)の日本支部副委員長を務める。主要論文として「女性リーダーが鼓舞する地域のチャレンジャー精神」『商工金融』(2017/8発刊予定)などがある。

コーディネーターより:「女性起業家支援の現状と、本セミナーのねらい」  女性活躍推進策の一環として、女性を対象にどこからどのような起業支援が提供されているのかについて説明し、その後、起業を身近に感じていただけるよう本セミナーのねらいと最終回までの流れについてお話しします。

コーディネーター兼講師:三宅 えり子(みやけ えりこ) 同志社女子大学現代社会学部教授  スタンフォード大学大学院教育学部博士課程修了 (Ph.D.) 。専門分野は教育とジェンダー、リーダーシップ。近年は、アメリカ、台湾、韓国におけるリーダーシップ・起業家育成教育の研究に従事。主著に『アジアのなかのジェンダー』(共編著)ミネルヴァ書房、The Dean in the University of the Future(分担執筆)Rainer Hampp Verlagなどがある。

②講演・ワークショップ 2017年9月3日(日)
13:30~16:00
今出川キャンパス
純正館 S506教室
講師:岩住 又子氏
「ひらめきを形にし、壁を突破し、想いを継続すること」
概要
②講演・ワークショップ

講演:「ひらめきを形にし、壁を突破し、想いを継続すること」
ふとしたことがきっかけで、ひらめきから4ヶ月でオープンしたカップケーキのお店。他にないオリジナルなものを生み出し、物理的心理的障害となる壁を突破して乗り越え、初心の想いを継続することの大切さについてお話しします。

講師:岩住 又子(いわずみ ゆうこ)カップケーキと焼き菓子のお店 petit bisouプティビズ芦屋オーナー、大阪府生まれ。同志社女子大学短期大学部英米語科卒業。卒業後鹿島建設に入社、2年間の勤務後、結婚退職。現在は岩住アルミサッシ株式会社にて代表取締役として不動産賃貸業に従事する傍ら、自らが起業したカップケーキと焼き菓子の店舗、petit bisouプティビズ芦屋を経営している。2人の大学生の娘をもつ母親でもある。

③講演・ワークショップ 2017年10月1日(日)
13:30~16:00
今出川キャンパス
純正館 S506教室
講師:仙田 忍氏
「お小遣い5万円自宅起業からママ雇用40名以上創出まで」
概要
③講演・ワークショップ

講演:「お小遣い5万円自宅起業からママ雇用40名以上創出まで」
顧客、自社、競合の3C分析 – 顧客が求める大手ができないことをする。PDCAサイクル – 計画、実行、評価、改善は、計画通りにいかないことも多い。価格・製造・資金・技術力からみる事業分析についてお話しします。

講師:仙田 忍(せんだ しのぶ) 抱っこひも収納カバー専門店(株)ルカコ代表取締役  お小遣い5万円を元手に育児をしながら抱っこひも収納カバーを生地から製作、「ルカコ」(商標登録済)を考案。起業1年で、ママスタッフ12名、縫製委託スタッフ20名の雇用を生み、起業後2年で月商650万円まで成長させる。有名育児雑誌多数掲載。阪急百貨店・東急百貨店催事販売、ルカコ自社ネットショップ販売。「育児をおしゃれにスマートに – モノからコトから」をコンセプトにルカコブランドを広げるために奮闘中。

④講演・ワークショップ 2017年10月29日(日)
13:30~16:00
今出川キャンパス
純正館 S506教室
講師:文 美月氏
「社会の役に立ちつつ、自分らしく稼ぐ生き方とは」
概要
④講演・ワークショップ

講演:「社会の役に立ちつつ、自分らしく稼ぐ生き方とは」
競争激化のEC(Electronic Commerce)業界。10年間利益を出し続ける店は非常に稀。人様のお役に立つこと、利益を出すこと、そして自分らしいキャリアを作ること。これらは同時に叶えられるのでしょうか? 起業して15年の実体験をお話しします。

講師:文 美月(ぶん みつき) リトルムーンインターナショナル(株)(創業者) 取締役副社長  同志社大学経済学部卒。2児を出産後に自宅起業。ヘアアクセサリーの品揃え日本最大級1万点、販売累計420万点のECサイト『リトルムーン』を育てる。楽天Shop of the Yearを3度受賞。2010年~使わないヘアアクセを集め発展途上国7か国の少女に寄贈(2万点超)。2017年~カンボジアで美容師育成プログラム支援を開始。内閣府『アジア太平洋・海を越えて活躍する女性起業家』登壇。

⑤ビジネスアイデア
発表会
2017年12月17日(日)
13:30~16:00
今出川キャンパス

楽真館
ラーニング・コモンズ
イベントエリア

講評者:
川村 信子氏
梅谷 康子氏
岩住 又子氏
仙田 忍氏

※都合により、講評者は変更になる場合があります。
※受講者によるビジネスアイデア発表会を公開で行います!
概要
⑤ビジネスアイデア発表会

ビジネスアイデア発表会
【講評者】
川村 信子(かわむら しんこ)(株)カウカウフードシステム・マダムシンコ (創業者) 代表取締役会長  島根県出身。厳しい家庭環境に反発して20歳より喫茶店を自営。実業家としての頭角を現す。不動産、高級クラブ、貴金属などの販売を経て、東京銀座に「銀座シンコ」をオープン。政財界、スポーツ界などの大物とも親交が深い。その後、帰阪して焼肉店を始め飲食業を中心に事業を展開、現在に至る。竹を割ったようなはっきりとした性格で、周囲からの信望も厚い。食べることが好きで、人と接するのが好きで飲食業は天職。自伝『やまない雨はない』(KKロングセラーズ)が映画化され2018年に公開予定。

梅谷 康子(うめたに やすこ) (株)フェムト創業者、(株)プロアシスト専務取締役
京都大学薬学部博士課程修了と同時に(株)フェムトを設立。2010年事業承継のため(株)プロアシストに事業移管し2014年専務取締役に就任。2015年大阪市立大学商学部にて非常勤講師(兼務)。主として中堅・中小製造業の生産管理システムのコンサルティング設計から運用支援まで、現場に密着したシステムを多数構築。サーバーメーカー主催の「生産管理システム」セミナーやITC向けのセミナーで講師を務める。

【講師及び講評者】
岩住 又子 petit bisouプティビズ芦屋 オーナー
仙田 忍 (株)ルカコ代表取締役

※都合により、講評者は変更になる場合があります。

このページの先頭へ


申込み等について

受講申込方法

下記よりお申込みください。
申込フォーム

申込内容

  • ・氏名(フリガナ)
  • ・年齢
  • ・本学卒業生・在学生は、卒業(在学)年・学科(専攻)名
  • ・住所
  • ・携帯電話番号
  • ・メールアドレス
  • ・応募の動機(200字以内)
  • ・託児希望の有無(必要な日にチェック)(①7/29・②9/3・③10/1・④10/29・⑤12/17)、 (お子さまの年齢)

申込締切日

2017年7月12日(水)

対象者

卒業生・在学生及び一般女性で起業を希望している方

定員

20名
※応募者多数の場合は、応募動機等、お申込み内容により選考の上受講者を決定し、受講の可否をメールで通知いたします。

参加条件

原則、全回参加としますが、⑤を含む少なくとも4回以上参加できる方
※ただし、⑤のみ、単発で聴講可(申込不要)。

参加費

無料

託児室

無料託児室有(事前申込要)

主催・問合先

同志社女子大学 女性アクティベーションセンター(学術研究支援課内)
TEL:075-251-4153 E-mail:kenkyu-i@dwc.doshisha.ac.jp