学習環境・施設

2005年3月、京田辺キャンパスに薬学部実験実習棟「憩水館」が誕生しました。高度な専門知識や技術を習得するための最新設備がそろい、キャンパスに隣接した敷地には薬用植物園も備えています。

憩水館 薬学部実験実習棟

建物には実験室・研究室・薬品室・動物実験室・機器室・模擬薬局・資料室・事務室・会議室など多彩な施設が設置されています。

憩水館 薬学部実験実習棟


模擬薬局

薬学棟内に設置された模擬薬局実習室では、患者さんとの接遇、調剤、注射薬の無菌調製、医薬品の最新情報の検索など薬剤師業務の基本のすべてを修得します。

模擬薬局


模擬病室

薬学棟内に設置された模擬病室では、心電図、X線、エコー、血圧などの診断技術を体得しつつ、さまざまな検査所見に基づいた薬物治療のあり方や、模擬患者を対象にして、服薬指導などの基本を習得します。

模擬病室


研究設備

マトリックス支援 イオン化 - 飛行時間型 質量分析計 -

たんぱく質、核酸、糖、脂質、有機化合物などの質量を正確に測定できます。30万ダルトン以上の高分子量化合物の質量も決定でき、構造解析にはなくてはならない装置です。

マトリックス支援 イオン化 - 飛行時間型 質量分析計 -


飛行時間型LC / MS Micromass LCT Premier

高速液体クロマトグラフィーと精密分子量測定を連続して行う装置で、有機化合物の構造決定に利用されています。

飛行時間型LC / MS Micromass LCT Premier


共焦点レーザー顕微鏡 LSM510 Ver.3.5

共焦点レーザー顕微鏡は試科内の焦点のあった像のみを鮮明に観察できる新しい型の光学顕微鏡です。

共焦点レーザー顕微鏡 LSM510 Ver.3.5


フローサイトメーター FACS Calibur 4S

多量の細胞を1個ずつ高速分別し、レーザー照射後の蛍光を定量測定します。細胞集団の表面抗原や細胞周期の相関・統計解析ができます。

フローサイトメーター FACS Calibur 4S


500MHz 高分解核磁気共鳴 スペクトル測定装置

有機化合物、天然物の構造決定はもとより、たんぱく質をはじめとする生体高分子の立体構造解析など薬学領域には必須の装置です。

500MHz 高分解核磁気共鳴 スペクトル測定装置


X線照射装置ラシータ LCT100A

近年、約2000万人がメタボリックシンドロームに該当するとされている中、小動物病態モデルの内臓脂肪量や骨量を計測できる最新機種を薬学部で備えているのは数校しかありません。原理はヒトCTと同じで数百枚の断層写真が連続して撮れます。

X線照射装置ラシータ LCT100A


分離用超遠心機 Optima L-100XP

細胞破砕液など、種々の大きさの粒子が混合した液に、大きな遠心力(最大で重力の数十万倍)をかけて分離するための装置です。

分離用超遠心機 Optima L-100XP


薬用植物園(オリーブ館)

薬用植物園(オリーブ館)

薬用植物園は薬学部での実践的な教育や研究における貴重な資源植物の育種と供給の場として欠くことのできない施設です。世界で利用されている医薬品の約60%は天然資源に由来します。薬学における薬用植物の役割は、薬の原点としての薬用植物、生薬の基原植物、さらに重要医薬品の原料としての薬用植物などの実物を知る教育材料の提供と、さらに遺伝子資源の保護という立場から貴重な薬用植物資源の収集、保存など生物の種の多様性の保全があります。 主に栽培しているのは、日本薬局方収載生薬・漢方用薬・民間薬などに用いられている薬用植物、および香料・食料・染料などに用いる有用植物類です。

現在栽培植物充実中です。薬用植物園はキャンパスの東南端に位置し、管理棟区域と見本園区域からなっています。

総面積:2000 m² / 園場面積:700 m² / 管理棟:100 m² / 温室:50 m² / 栽培植物数:約400種(現在補充中)

薬用植物園(オリーブ館)1
薬用植物園(オリーブ館)2





動物管理施設

薬学の動物管理施設はさほど大きなものではなく、薬学部の地下一階(広さ230㎡)にあります。

動物管理施設


収容している動物は主としてマウス、ラット、モルモットです。京田辺キャンパスの憩水館地下一階の動物管理施設は動物飼育室5室と実験処理室1室、更衣室、洗浄室、飼育者休憩室、機械室、保管庫等から成り立っています。

動物管理施設



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
薬学部事務室
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8477