1. 同志社女子大学ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 文学研究科
  4. 日本語日本文化専攻

文学研究科 日本語日本文化専攻

日本語日本文化専攻

歴史と伝統の街・京都で日本の言葉と文化を学際的に研究する。

「日本」の奥深さを多彩な切り口で学ぶ。

日本の言葉と文化を、言語・文学・思想・宗教・芸術など多ジャンルにわたり学際的・融合的に研究します。また地理的・歴史的環境に恵まれた今出川キャンパスでは、日本文化の源泉である「京都」の文化を考える科目を豊富に展開。日本語教員養成課程も設置しています。

職業や家庭を持つ人でも研究活動が可能。

目的は、国際的視野と幅広い教養を備えた社会人の育成。学びを求める多様な人々を受け入れるため、開講時間に配慮したカリキュラム構成になっています。研究者のほか日本語教員や中学・高校教諭、学芸員など高度な職業人の養成も行っています。


教育方針

日本語日本文化専攻のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシーについては下記リンクをクリックして確認してください。


入試概要

日本語日本文化専攻の入試情報については下記リンクをクリックして確認してください。
詳しい情報は 受験生サイト 大学院入試概要へ。

博士課程(前期)

  • ・ 入学定員/10名
  • ・ 標準修業年限/2年
  • ・ 学位/修士(日本語日本文化)

博士課程(後期)

  • ・ 入学定員/4名
  • ・ 標準修業年限/3年
  • ・ 学位/博士(日本語日本文化)

取得できる免許

  • ・ 中学校教諭専修免許状(国語・音楽)
  • ・ 高等学校教諭専修免許状(国語・音楽)

想定される修了後のフィールド

  • ・ 国語科教諭(中学・高校)
  • ・ 音楽科教諭(中学・高校)
  • ・ 大学教員
  • ・ 研究所研究員
  • ・ 日本語講師 ほか

カリキュラム

博士課程(前期)(2010年度以降入学生に適用)

  科目名 期間 単位 担当者 履修方法 備考
A
日本文学・日本文化コース 左記科目より20単位以上選択必修(ただし、いずれかのコースから最低12単位)  
日本文学特殊研究Ⅰ 通2 4 (本年度欠講)
日本文学特殊研究Ⅱ 通2 4 本間 洋一
日本文学特殊研究Ⅲ 通2 4 生井 知子
日本文学特殊研究Ⅳ 通2 4 吉海 直人
日本文学特殊研究Ⅴ 通2 4 高橋 幸平
京都文化特殊研究 通2 4 (本年度欠講)
日本文化史特殊研究Ⅰ 通2 4 (本年度欠講)
日本文化史特殊研究Ⅱ 通2 4 廣瀬 千紗子
日本語・日本語教育コース
日本語特殊研究Ⅰ 通2 4 服部 匡
日本語特殊研究Ⅱ 通2 4 (本年度欠講)
日本語特殊研究Ⅲ 通2 4 吉野 政治
日本語特殊研究Ⅳ 通2 4 小林 賢章
日本語特殊研究Ⅴ 通2 4 森山 由紀子
日本語特殊研究Ⅵ 通2 4 (本年度欠講)
日本語教育特殊研究Ⅰ 通2 4 丸山 敬介
音楽文化コース
芸術文化特殊研究Ⅰ 通2 4 葛西 聖憲 京田辺
芸術文化特殊研究Ⅱ 通2 4 稲田 雅美 京田辺
芸術文化特殊研究Ⅲ 通2 4 仲 万美子 京田辺
芸術文化特殊研究Ⅳ 通2 4 井上 敏典 京田辺
芸術文化特殊研究Ⅴ 通2 4 (本年度欠講) 京田辺
芸術文化特殊研究Ⅵ 通2 4 椎名 亮輔 京田辺
B
日本文化特論 通2 4 (本年度欠講) 左記科目より12単位以上選択必修  
美術史特論 通2 4 (本年度欠講)
芸能文化特論 通2 4 (本年度欠講)
民俗学特論 通2 4 浅野 久枝
考古学特論 通2 4 山田 邦和
京都都市景観論 秋4 4 伊従 勉
日本語学特論Ⅰ 通2 4 大島 中正
日本語学特論Ⅱ 通2 4 (本年度欠講)
日本語教育学特論Ⅰ 秋4 4 鎌田 修
日本語教育学特論Ⅱ 通2 4 奥村 訓代
応用言語学特論 通2 4 (本年度欠講)
対照言語学特論 通2 4 (本年度欠講)
日本文学特論Ⅰ 通2 4 中川 成美
日本文学特論Ⅱ 通2 4 (本年度欠講)
再現芸術論Ⅰ 通2 4 (本年度欠講) 京田辺
再現芸術論Ⅱ 通2 4 井原 秀人 京田辺
音楽理論特論Ⅰ 通2 4 成田 和子 京田辺
音楽理論特論Ⅱ 通2 4 椎名 亮輔 京田辺
音楽療法特論 通2 4 濱谷 紀子 京田辺
  • * 上記A類より20単位(ただし、いずれかのコースから最低12単位)以上、B類より12単位以上、計32単位以上修得しなければならない。ただし、B類に関しては以下のとおり。また、B類科目は自専攻生の履修登録がなければ開講されない。
    2年次以降、指導教授の了解のもと、文学研究科英語英文学専攻博士課程(前期)、文学研究科情報文化専攻修士課程、国際社会システム研究科国際社会システム専攻修士課程及び生活科学研究科生活デザイン専攻修士課程の科目群B類の中から修得した単位を、8単位までは博士課程(前期)修了に必要な単位として算入することができる。
  • * 修士論文指導を受けるためには、1年以上在学し、所定の科目を16単位以上修得しなければならない。
  • * 2年目の履修登録に際しては指導教授の指示を受けるものとする。

博士課程(後期)(2005年度以降入学生に適用)

科目名 期間 単位 担当者 履修方法 備考
日本語特別研究Ⅰ 通2 4 吉野 政治 左記科目より8単位以上を選択必修  
日本語特別研究Ⅱ 通2 4 (本年度欠講)
日本文学特別研究Ⅰ 通2 4 (本年度欠講)
日本文学特別研究Ⅱ 通2 4 本間 洋一
日本文学特別研究Ⅲ 通2 4 (本年度欠講)
日本文学特別研究Ⅳ 通2 4 吉海 直人
日本文化史特別研究 通2 4 (本年度欠講)
芸術文化特別研究 通2 4 仲 万美子 京田辺
  • * 指導教授の指示により、上記「特別研究」を8単位以上修得し、「論文指導」を受けること。
  • * 指導教授の指示により、博士課程(前期)の科目を修得することができる。

主な修士論文テーマ

  • ■ 『冥途の飛脚』再考
  • ■高校生の待遇表現にみる現代敬語教育の現状と課題
  • ■三島由紀夫の歌舞伎観 ―『芝居日記』を中心に
  • ■多義動詞「つながる」の意味分析 ―「因果関係用法」に注目したその通時変化及び特徴の考察―

このページの先頭へ



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
文学研究科
英語英文学専攻
今出川キャンパス
TEL:075-251-4103
日本語日本文化専攻
今出川キャンパス
TEL:075-251-4106
情報文化専攻
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8635