情報文化専攻

情報文化専攻の特色

情報メディアの進展や多様性を文化的視点から探究。

21世紀におけるコミュニケーション・メディアの進化、とりわけ現代の情報技術の進歩とその一般化は、さまざまな領域で変革をもたらしつつあり、人間の思考方法や行動様式にまで影響を与えようとしています。その意味で今日における人間の知的・文化的営為の探究には、従来の文化研究の枠組みをもとにした新たな「情報文化」という視点が求められています。本専攻では、このような現代的な課題に対して「メディア文化」と「表現文化」という2通りのアプローチを有機的に結合して独自の教育研究体制を編成しています。

現代メディア社会の創造的発展に寄与する人材を育成。

「メディア文化」分野と「表現文化」分野における研究を通じて、情報メディアにかかわる高度な専門的知識を有し、先端のメディアを駆使した表現力やプロデュース力を発揮できる人材を養成します。マスコミ・広告関連分野や情報技術分野、またメディアを駆使した芸術系分野、さらに情報メディア系の教育分野など多様な分野で活躍できる人材を養成し、現代のメディア社会の発展に寄与することをめざします。

教育方針

情報文化専攻のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシーについては下記リンクをクリックして確認してください。

入試概要

情報文化専攻の入試情報については下記リンクをクリックして確認してください。
詳しい情報は 受験生サイト 大学院入試概要へ。

修士課程

  • ・ 入学定員/5名
  • ・ 標準修業年限/2年
  • ・ 学位/修士(情報文化)

取得できる免許

  • ・ 高等学校教諭専修免許状(情報)

想定される修了後のフィールド

  • ・ マスコミ/広告関連の企業
  • ・ IT系企業
  • ・ アーティスト/デザイナー
  • ・ 一般企業の企画/広報/情報/教育部門
  • ・ 情報科教諭(高校) ほか

主な修士論文テーマ

  • ・ 《the Atonement》について
     -心的・身体的痛みの視点から-
  • ・ テレビ番組におけるマンガ的表現について
    -日本のバラエティ番組のテロップとの関わり-

カリキュラム

修士課程(2013年度以降入学生に適用)

  科目名 期間 単位 担当者 備考
A
(メディア文化分野)  
メディア文化特殊演習A 春2 2 (本年度欠講)
メディア文化特殊演習B 春2 2 三根 浩
メディア文化特殊演習C 春2 2 中村 信博
メディア文化特殊演習D 春2 2 関口 英里
メディア文化特殊演習E 春2 2 影山 貴彦
メディア文化発展演習A 秋2 2 (本年度欠講)
メディア文化発展演習B 秋2 2 三根 浩
メディア文化発展演習C 秋2 2 中村 信博
メディア文化発展演習D 秋2 2 関口 英里
メディア文化発展演習E 秋2 2 影山 貴彦
(表現文化分野)
表現文化特殊演習A 春2 2 余田 義彦
表現文化特殊演習B 春2 2 有賀 妙子
表現文化特殊演習C 春2 2 森 公一
表現文化特殊演習D 春2 2 和氣 早苗
表現文化特殊演習E 春2 2 川田 隆雄
表現文化発展演習A 秋2 2 余田 義彦
表現文化発展演習B 秋2 2 有賀 妙子
表現文化発展演習C 秋2 2 森 公一
表現文化発展演習D 秋2 2 和氣 早苗
表現文化発展演習E 秋2 2 川田 隆雄
B
(メディア文化分野)  
メディア・コミュニケーション特論 秋2 2 (本年度欠講)
メディア文化特論 春2 2 中村 信博
マスコミュニケーション特論 春2 2 (本年度欠講)
メディアリテラシー特論 秋2 2 余田 義彦
大衆文化特論 春2 2 村木 美紀
超域文化特論 秋2 2 関口 英里
(表現文化分野)
コミュニケーションデザイン特論 秋2 2 上田 信行
表象芸術特論 春2 2 森 公一
芸術文化特論 春2 2 椎名 亮輔
メディアコンテンツ特論 秋2 2 村木 美紀
集団制作特論 春2 2 雑賀 憲彦
ユーザインタフェース特論 秋2 2 和氣 早苗
(共通分野)
理論言語学特論 秋2 2 郡司 隆男
文字メディア特論 春2 2 森山 由紀子
認知心理学特論 春2 2 三根 浩
メディア研究法特論 春2 2 余田 義彦
  • * A類に関しては、「メディア文化」又は「表現文化」のいずれかの分野で特殊演習は6単位以上、発展演習は6単位以上、残りの分野で特殊演習は2単位以上、発展演習は2単位以上修得しなければならない。
    B類に関しては、A類で12単位以上修得している分野と同一の分野で4単位以上、それ以外の2分野(「共通分野」を含む)でそれぞれ2単位以上修得しなければならない。また、B類科目は自専攻生の履修登録がなければ開講されない。
    上記の要件を満たしつつ、合計30単位以上を修得しなければならない。
    ただし、文学研究科英語英文学専攻博士課程(前期)、文学研究科日本語日本文化専攻博士課程(前期)、国際社会システム研究科国際社会システム専攻修士課程及び生活科学研究科生活デザイン専攻修士課程のB類科目の単位を6単位までは、修士課程修了に必要な単位に算入することができる。

学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
文学研究科
英語英文学専攻
今出川キャンパス
TEL:075-251-4103
日本語日本文化専攻
今出川キャンパス
TEL:075-251-4106
情報文化専攻
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8635