食物栄養科学専攻

研究と実践を積み重ねてからだを支える「食」のエキスパートに。

[食物栄養科学コース]

研究テーマは食品学・栄養学・調理学の3分野から。実験・調査を中心にした研究活動を行い、専門的職業人としての能力を強化します。"生活者"の視点を土台に、「食」についての高度な専門知識と思考力を持ち、大学・短大の教員や企業の研究者として活躍できる人材へ。

[臨床栄養学コース]

管理栄養士免許取得者が対象。病態栄養学を中心とした講義科目、高度先進医療を実施している病院での1年間のインターンシップ、医師と協力して行う病態栄養の症例研究などを通して、最新医療の知識と技術を持ち、現場で高度な栄養管理を遂行できる管理栄養士を育てます。

教育方針

食物栄養科学専攻のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシーについては下記リンクをクリックして確認してください。

入試概要

食物栄養科学専攻の入試情報については下記リンクをクリックして確認してください。
詳しい情報は 受験生サイト 大学院入試概要へ。

修士課程

  • ・ 入学定員/8名
  • ・ 標準修業年限/2年
  • ・ 学位/修士(食物栄養科学)

取得できる免許

  • ・ 中学校教諭専修免許状(家庭)
  • ・ 高等学校教諭専修免許状(家庭)

想定される修了後のフィールド

  • ・ 大学院博士課程(後期)
  • ・ 管理栄養士
  • ・ 研究員
  • ・ 大学教員
  • ・ 家庭科教諭(中学・高校) ほか

主な修士論文テーマ

  • ■ 消化器がん患者における悪液質の有無による栄養障害の検討
  • ■ 化学療法を受ける外来がん患者の栄養状態に関する研究
  • ■ 心不全患者におけるエネルギー出納からみた栄養障害の検討

カリキュラム

修士課程 食物栄養科学コース(2013年度以降入学生に適用)

領域 科目名 期間 単位 担当者 履修
方法
履修可能
最低年次
備考
食品学 分子食品生化学 秋2 2 森田 潤司 選択 1  
食品生理活性物質分析論 秋2 2 山田 恭正 選択 1
有用生物生態制御論   2 (本年度欠講) 選択 1
環境物質制御論 春2 2 吉田 香 選択 1
有用生物開発論 春2 2 川﨑 祐子 選択 1
調理学 食品ハイドロコロイド論 秋2 2 山本 寿 選択 1  
食品プロセス論 秋2 2 西村 公雄 選択 1
食嗜好論 春2 2 真部 真里子 選択 1
給食経営管理論 春2 2 神田 知子 選択 1
調理機能論 秋2 2 村上 恵 選択 1
栄養学 臨床栄養制御論 春2 2 小松 龍史 選択 1  
食物アレルギー論 春2 2 伊藤 節子 選択 1
栄養疫学 春2 2 今井 具子 選択 1
生体物質作用論 春2 2 仲佐 輝子 選択 1
食育論 秋2 2 小切間 美保 選択 1
栄養生理学 春2 2 片井 加奈子 選択 1
分子栄養学 秋2 2 倉橋 優子 選択 1
  食物学特別講義 春2 2 (本年度欠講) 必修 1・2  
食物学特別研究   10 専任教授 必修 2
食物栄養科学演習Ⅰ 秋2 2 専任教員 必修 1
食物栄養科学演習Ⅱ 春2 2 専任教員 必修 2
  • * 修了要件:必修科目16単位及び選択科目14単位以上、合計30単位以上修得しなければならない。
    また、臨床栄養学コースの科目から選択科目として8単位まで修了に必要な単位に算入することができる。
    ただし、「臨床栄養学実地研究」「臨床栄養学特別研究」は履修できない。
  • ※ 新入生オリエンテーション期間にコンプライアンス教育・研究倫理教育を実施する。

修士課程 臨床栄養学コース(2013年度以降入学生に適用)

臨床栄養学インターンシップを実施する学生(管理栄養士としての職場を有しない者)
科目名 開講テーマ 期間 単位 担当者 履修
方法
履修可能
最低年次
備考
臨床栄養学特殊研究Ⅰ 栄養アセスメント・栄養管理計画 通2 4 (本年度欠講) 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅱ 病態栄養学A 通2 4 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅲ 病態栄養学B 通2 4 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅳ 病態栄養学C 通2 4 (本年度欠講) 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅴ 病態栄養学D 通2 4 選択 1 夜間開講
臨床心理学特論 患者の心理と行動 春2 2 (本年度欠講) 選択 1  
保健統計学特論   春2 2 松宮 健太郎 選択 1
臨床栄養学実地研究     4 客員・専任教授 必修 1
臨床栄養学特別研究     10 専任教授 必修 2
  • * 修了要件:「臨床栄養学実地研究」4単位、「臨床栄養学特別研究」10単位を必修とし、選択科目16単位以上、合計30単位以上修得しなければならない。「臨床栄養学実地研究」では、本学指定の施設における1年間のインターンシップを実施する。ただし、インターンシップの実施は、管理栄養士免許取得者に限る。
    また、食物栄養科学コースの科目から選択科目として8単位まで修了に必要な単位に算入することができる。ただし、「食物学特別研究」「食物栄養科学演習ⅠⅡ」は履修できない。
  • ※ 「臨床栄養学特殊研究Ⅱ~Ⅴ」は、複数の科目担当者によるリレー形式で実施する。担当者名は時間割表を参照すること。
  • ※ 新入生オリエンテーション期間にコンプライアンス教育・研究倫理教育を実施する。
臨床栄養学インターンシップを実施しない学生(管理栄養士としての職場を有する者)
科目名 開講テーマ 期間 単位 担当者 履修
方法
履修可能
最低年次
備考
臨床栄養学特殊研究Ⅰ 栄養アセスメント・栄養管理計画 通2 4 (本年度欠講) 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅱ 病態栄養学A 通2 4 必修 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅲ 病態栄養学B 通2 4 必修 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅳ 病態栄養学C 通2 4 (本年度欠講) 必修 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅴ 病態栄養学D 通2 4 必修 1 夜間開講
臨床心理学特論 患者の心理と行動 春2 2 (本年度欠講) 選択 1  
保健統計学特論   春2 2 松宮 健太郎 選択 1
臨床栄養学特別研究     10 専任教授 必修 2
  • * 修了要件:「臨床栄養学特殊研究Ⅱ~Ⅴ」16単位、「臨床栄養学特別研究」10単位を必修とし、選択科目4単位以上、合計30単位以上修得しなければならない。
    また、食物栄養科学コースの科目から選択科目として履修し、修了に必要な単位に算入することができる。ただし、「食物学特別研究」「食物栄養科学演習ⅠⅡ」は履修できない。
  • ※ 「臨床栄養学特殊研究Ⅱ~Ⅴ」は、複数の科目担当者によるリレー形式で実施する。担当者名は時間割表を参照すること。
  • ※ 新入生オリエンテーション期間にコンプライアンス教育・研究倫理教育を実施する。
修士課程 臨床栄養学コース(2001~2012年度入学生に適用)

廃止科目の単位は当該科目区分として有効

  科目名 開講テーマ 期間 単位 担当者 履修
方法
履修可能
最低年次
備考
A
臨床栄養学特殊研究Ⅰ 栄養アセスメント・栄養管理計画 通2 4 (本年度欠講) 必修 / 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅱ 病態栄養学A 通2 4 必修 / 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅲ 病態栄養学B 通2 4 必修 / 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅳ 病態栄養学C 通2 4 (本年度欠講) 必修 / 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特殊研究Ⅴ 病態栄養学D 通2 4 必修 / 選択 1 夜間開講
臨床栄養学特別講義   通2 4 (本年度欠講) 必修 / 選択 2  
臨床栄養学特別研究     10 客員・専任教授 必修 1・2
B
臨床検査医学特論   春2 2   選択 1  
臨床心理学特論
(廃止)
患者の心理と行動 春2 2 (本年度欠講) 選択 1
薬剤学特論   春2 2   選択  
保健統計学特論
(廃止)
  春2 2 松宮 健太郎 選択 1
  • * 修了要件
    【臨床栄養学インターンシップを実施する学生(管理栄養士としての職場を有しない者)】
    「臨床栄養学特別講義」4単位、「臨床栄養学特別研究」(1年次)10単位を必修とし、選択科目18単位以上、合計32単位以上修得しなければならない。「臨床栄養学特別研究」は本学指定の施設における1年間のインターンシップを含む。ただし、インターンシップの実施は、管理栄養士免許取得者に限る。
    また、食物栄養科学コースの科目から選択科目として8単位まで修了に必要な単位に算入することができるが、「食物学特別研究」は履修できない。
    【臨床栄養学インターンシップを実施しない学生(管理栄養士としての職場を有する者)】
    「臨床栄養学特殊研究Ⅰ~Ⅴ」20単位、「臨床栄養学特別研究」(2年次)10単位必修とし、選択科目2単位以上、合計32単位以上修得しなければならない。ただし、「臨床栄養学特別講義」は履修できない。選択科目については、食物栄養科学コースから履修しても修了に必要な単位に算入することもできるが、「食物学特別研究」は履修できない。
    また、管理栄養士としての長期実務経験者は、「臨床栄養学特殊研究Ⅰ」については、指導教授の指示により食物栄養科学コースの科目をもってこれに充てることもできる。なお、各人の職場における研修活動をもとに2年次に「臨床栄養学特別研究」を履修して論文指導を受ける。
    ※「臨床栄養学特殊研究Ⅱ~Ⅴ」は、複数の科目担当者によるリレー方式で実施する。
  • * B類科目は自専攻生の履修登録がなければ開講されない。

学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
生活科学研究科
今出川キャンパス
TEL:075-251-4211

-->