医療薬学専攻

薬学研究科(4年制課程)では、高度化した薬物治療における医療と創薬科学をつなぐ医療薬学の研究・実践によって、難病の克服や医薬品の安全使用などの社会的要請に応え、基礎薬学と医療薬学を包括した総合的な学術としての薬学を体系的に修得します。大学・研究所、医療機関、民間企業や地方自治体で医療薬学の充実に貢献できる高度な専門性や優れた研究能力を有する高度専門的職業人、およびその人材を育成する指導者の養成を目的としています。

また、医療現場で就労する薬剤師を社会人学生として積極的に受け入れ、新しい薬学教育制度の一層の充実と発展に貢献し、さらに医療の現場で指導的な役割を果たし活躍できる女性薬剤師を育成したいと考えています。

医療薬学の充実や社会的要請に貢献できる人物へ。

学術としての薬学を3領域から修得。

追究するのは、基礎薬学と医療薬学を包括した総合的な学術としての薬学。「基礎薬学」「医療薬学」「実践的臨床薬学」の3領域から体系的に修得します。また高度化した薬物治療における医療と創薬科学をつなぐ医療薬学の研究・実践により、難病の克服や医薬品の安全使用などの社会的要請に応えます。

高度専門的職業人とその指導者を養成。

高度な専門性や優れた研究能力を備え、大学・研究所、医療機関、民間企業や地方自治体などで医療薬学の充実に貢献できる高度専門的職業人、およびその指導者をめざします。また医療現場で活躍する薬剤師などを積極的に受け入れることで、医療現場で指導的役割を果たせる女性薬剤師を育成します。

教育方針

医療薬学専攻のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミッションポリシーについては下記リンクをクリックして確認してください。


入試概要

医療薬学専攻の入試情報については下記リンクをクリックして確認してください。
詳しい情報は 大学院入試概要へ。

博士課程

  • 入学定員/4名
  • 標準修業年限/4年
  • 学位/博士(薬学)

想定される修了後のフィールド

  • 臨床薬学・医療薬学の研究者
  • 臨床薬学・医療薬学の教育者
  • 治験・臨床開発の従事者
  • 各種領域の専門薬剤師
  • 医薬品・健康衛生領域の行政従事者 ほか

カリキュラム

博士課程(2012年度以降入学生に適用)

科目
区分
科目名 期間 単位 担当者 履修
方法
履修可能
最低年次
A群
(基礎薬学領域)
基礎薬学総合実習 春2 2

川崎 清史
桑原 淳
白井 隆一
和田 戈虹
山本 康友

必修 1
生体分子機能学特論 春2 2 桑原 淳 選択 1
医薬品分子機能解析学特論 春2 2 白井 隆一 選択 1
医薬品構造機能相関学特論 春2 2 山本 康友 選択 1
微生物感染学特論 秋2 2 川崎 清史 選択 1
分子病態生化学特論 秋2 2 和田 戈虹 選択 1
B群
(医療薬学領域)
医療薬学総合実習 秋2 2 藤井 健志
木津 良一
前川 京子
髙橋 玲
漆谷 徹郎
必修 1
薬効安全性学特論 秋2 2 漆谷 徹郎 選択 1
薬効評価学特論 春2 2 藤井 健志 選択 2
臨床治療薬効学特論 春2 2 髙橋 玲 選択 2
レギュラトリーサイエンス特論 春2 2 前川 京子 選択 2
生態環境毒性学特論 秋2 2 木津 良一 選択 2
C群
(実践的臨床薬学領域)
実践的薬剤処方解析実習A 春2 2 阿南 節子
森田 邦彦
芝田 信人
松元 加奈
佐藤 敦夫
必修 2
臨床病態解析学特論 春2 2   選択 2
生物薬剤学特論 秋2 2 芝田 信人 選択 2
感染制御処方学特論 秋2 2 森田 邦彦 選択 2
癌疾患関連処方学特論 春2 2 中西 弘和 選択 2
医薬品情報解析学特論 春2 2 阿南 節子 選択 2
実践的薬剤処方解析実習B 秋2 2   選択 2
治験・CRC特論 秋2 2 藤井 千賀
加納 武
増田 慎三
吉本 淳
選択 2
研究指導科目 薬学特別研究Ⅰ 通2 4 阿南 節子
川崎 清史
木津 良一
森田 邦彦
芝田 信人
白井 隆一
髙橋 玲
前川 京子
山本 康友
漆谷 徹郎
和田 戈虹
藤井 健志
中西 弘和
松元 加奈
桑原 淳
必修 1
薬学特別研究Ⅱ 通2 4 必修 2
薬学特別研究Ⅲ 通2 4 必修 3
薬学特別研究Ⅳ 通2 4 必修 4
  • A群(基礎薬学領域)・B群(医療薬学領域)よりあわせて14単位以上、C群(実践的臨床薬学領域)より8単位以上、研究指導科目より16単位修得し、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。
    上記の要件を満たしつつ、合計38単位以上を修得しなければならない。

薬学研究科