リトリート

年間共通テーマ 「Coming together. Being there for each other. -出会い、寄り添い、ともに生きよう-」に沿っての、特別講師による講演を聴いたり、日ごろ出会う機会の少ない学生や教職員がともに語り合い、心を通わせることのできる楽しいひとときです。
準備および運営は、参加学生有志の実行委員会に委ねられています。
参加の呼びかけや募集は、宗教部発行の「Chapel News」、宗教部の掲示板、その他で案内します。

リトリート春集合


リトリートって? 毎年春と秋に行われ、実行委員の学生たちの手によって企画運営されている、本学で最も歴史の古い行事の一つです。
アンケートでは、「(学科や学年を越えて話せる)グループトーキングがよかった」「友達の輪が広がった」「食事がおいしかった」という声がたくさん寄せられ、「次回も参加したい」と答える人が毎回9割を超える、一度参加した人は必ずまた参加したくなる人気のプログラムです。
リトリート実行委員会 リトリートは、「リトリート実行委員会」の学生たちによって企画運営されています。
何か月も前から案を練り、ポスターやしおりの準備をしたり、当日のタイムスケジュールを組んだり、バスプロや礼拝の司会・奏楽などさまざまな係を決めてみんなで力をあわせて作っています。
実行委員会についてもっと知りたい方は、宗教部事務室をお訪ねください。
お問合せ(宗教部) 京田辺キャンパス:0774-65-8471/今出川キャンパス:075-251-4141

2019年度 春季リトリート

春季リトリート

新学期のあわただしい日常から離れ、琵琶湖湖畔の美しい新緑の中で一泊します。学科、学年をこえて友人を作り、先生がたと語らい、充実した時間を過ごすよい機会となるでしょう。


日時 2019年5月18日(土)~19日(日) 1泊2日
場所 同志社びわこリトリートセンター
講師 鈴木 育三 (社会福祉法人新生会 常務理事)
演題 共に生きる喜び ―Live and let others live―
申込受付 4月10日(水)~5月6日(月)
参加費 4,000円(食費・宿泊・バス代込み)
対象 本学在学生・本学教職員
プログラム内容 1日目
講演・グループトーキング・キャンドルライトサービス 他
2日目
聖日礼拝・アピールタイム・解散式 他

2019年度 秋季リトリート

あわただしい日常から離れ、琵琶湖湖畔の美しい自然の中で一泊します。学科、学年をこえて友人を作り、先生がたと語らい、充実した時間を過ごすよい機会となるでしょう。

秋季リトリート


日時 2019年10月19日(土)~10月20日(日) 1泊2日
場所 同志社びわこリトリートセンター
講師 山本知恵(公益財団法人京都YWCA総幹事/常務理事)
演題 生きづらさを抱えた女性たちとともにSafe Spaceをつくる
申込受付 2019年9月20日(金)~10月4日(金)※10月10日(木)まで締切延長
参加費 4,000円(食費・宿泊・バス代込み)
対象 本学在学生・本学教職員
プログラム内容 1日目
講演・グループトーキング・キャンドルライトサービス 他
2日目
聖日礼拝・アピールタイム・解散式 他

●リトリート実行委員募集!
新入生からの参加も募集しています。本学をよく知るチャンスです。

学生の声

I.Sさん 表象文化学部 英語英文学科
「リトリート」は、先生や他の同女生との距離の近さを感じることができる、同女ならではの行事です。ここには、学科、学年、キャンパスを問わず、学生が集います。おいしいご飯を食べ、講師の方から講演を聞き、他の参加者と意見を深め合いながら、二日間を過ごします。普段の学校生活から離れて、ゆったりと自分のことを考える時間を持つことが出来るのではないでしょうか。卒業するまでに一度気軽に参加してみてはいかがでしょうか。


イベント案内