入試ガイド

  1. ホーム»
  2. 入試ガイド»
  3. 入試概要»
  4. 推薦入学試験S

推薦入学試験S|2018年度

本学の建学の精神に深い理解を示し自覚をもって勉学に励もうとする個性豊かな学生を広く公募推薦によって受け入れることを目的として、この推薦入学制度を設けています。

学部・学科・専攻および募集人員

情報メディア学科は2018年4月よりメディア創造学科に学科名称変更
学 部 学 科・専 攻 募集人員
学芸学部 音楽学科 音楽文化専攻 午前 8名
午後
メディア創造学科 午前 30名
午後
国際教養学科 午前 21名
午後
現代社会学部 社会システム学科 午前 50名
午後
現代こども学科 午前 25名
午後
薬学部 医療薬学科 午前 29名
午後
看護学部 看護学科 午前 23名
午後
表象文化学部 英語英文学科 午前 30名
午後
日本語日本文学科 午前 30名
午後
生活科学部 人間生活学科 午前 22名
午後
食物栄養科学科 食物科学専攻 午前 14名
午後
管理栄養士専攻 午前 20名
午後
合   計 302名
  • *合格者数は午前と午後の受験者数の按分比例によってそれぞれ決定します。
  • *学芸学部音楽学科の実技を伴う入試については、「推薦入学試験M」を参照してください。

出願資格

本学の推薦入学制度の趣旨を理解し、本学への入学を希望する者で、次の各号(1~2)のいずれかに該当し、出身学校長の推薦を受けられる女子。

  1. 1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)を2018年3月卒業見込みの者および2017年3月に卒業した者。
  2. 2. 前項と同等の資格があると本学が認めた者。
【出願および入学手続にあたっての注意事項】
・ 学芸学部国際教養学科では、第2年次から第3年次にかけて、英語圏の大学への1年間の留学を義務付けています。
・ 現代社会学部現代こども学科の保育士養成課程の定員は50名です。入学後に希望調査を行い、希望者が50名を超えた場合は選考を行います。
・ 看護学部看護学科の保健師国家試験受験資格を得るために必要な科目の履修については、定員を10名と定めています。3年次秋学期に選考を行います。

適性検査日程等

出願期間 適性検査日 試験場 合格者発表 入学手続金納入期限

〈インターネット出願のみ〉
2017年
10月16日(月)
~11月1日(水)17:00

(必要書類郵送期限
2017年11月1日(水)
消印有効)

適性検査時間
自由選択 ※1
2017年
11月12日(日)
午前・午後
京都
(本学 京田辺キャンパス)
東京・名古屋
大阪(北)・大阪(南)・神戸
岡山・高松・福岡
全国9試験場で実施

2017年
11月20日(月)

〈第一次入学手続期限〉
2017年
12月15日(金)

〈第二次入学手続期限〉
2018年
2月20日(火)

※1) 午前と午後に、募集しているすべての学科・専攻で適性検査を行います。適性検査時間が異なれば、同じ学科・専攻、異なる学科・専攻のいずれも出願することができます。

選考方法・評価方法

  1. 書類審査(調査書の全体の評定平均値の10倍)および適性検査(下表参照)を行った上、合格者を決定します。
  2. 適性検査300点、調査書50点 計350点
情報メディア学科は2018年4月よりメディア創造学科に学科名称変更
学部 学 科・専 攻 教科 科 目 等 時間
※1
配点 総点
学芸学部 音楽学科
音楽文化専攻 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 150点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 150点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
メディア創造学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 150点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 150点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
国際教養学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 200点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 100点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
現代社会学部 社会システム学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 150点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 150点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
現代こども学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 150点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 150点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
薬学部 医療薬学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 100点 350点
理科 化学(化学基礎・化学)から出題 ※3 200点
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
看護学部 看護学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 150点 350点
国語 現代文から出題 左記より1教科選択※5 150点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
表象文化学部 英語英文学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 200点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 100点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
日本語日本文学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 100点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 200点
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
生活科学部 人間生活学科 外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 150点 350点
国語 現代文・古典(漢文を除く)から出題 左記より1教科選択※5 150点
数学 「数学Ⅰ」・「数学A」から出題※2
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
食物栄養科学科
食物科学専攻
管理栄養士専攻
外国語 英語(英文読解を中心に出題) 90分 100点 350点
理科 化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)から出題 ※3 ※4
いずれか1科目を選択 ※5
200点
調査書(全体の評定平均値の10倍) - 50点
  • ※1)90分の時間配分は自由です。
  • ※2)「数学Ⅰ・数学A」
    学習指導要領に示された内容のうち、「数学Ⅰ」「数学A」は全範囲から出題。
  • ※3)「化学基礎・化学」
    ・医療薬学科:学習指導要領に示された内容のうち、「化学基礎」は全範囲から出題、「化学」は「(5)高分子化合物の性質と利用」を除いて出題。
    ・食物栄養科学科:学習指導要領に示された内容のうち、「化学基礎」は全範囲から出題、「化学」は「(1)物質の状態と平衡、(2)物質の変化と平衡、(3)無機物質の性質と利用」から出題。
  • ※4)「生物基礎・生物」
    学習指導要領に示された内容のうち、「生物基礎」は全範囲から出題、「生物」は「(1)生命現象と物質、(2)生殖と発生」から出題。
  • ※5)選択教科・科目間の難易差による有利・不利をなくし各試験科目配点のウエイトを試験結果に反映するために、中央値補正法により得点調整を行います。

適性検査時間

情報メディア学科は2018年4月よりメディア創造学科に学科名称変更
学部 学 科・専 攻 適性検査
午前 午後
10:30~12:00 13:30~15:00
学芸学部 音楽学科 音楽文化専攻 英語および(国語または数学) 英語および(国語または数学)
メディア創造学科
国際教養学科
現代社会学部 社会システム学科
現代こども学科
薬学部 医療薬学科 英語および理科 英語および理科
看護学部 看護学科 英語および(国語または数学) 英語および(国語または数学)
表象文化学部 英語英文学科 英語および(国語または数学) 英語および(国語または数学)
日本語日本文学科 英語および国語 英語および国語
生活科学部 人間生活学科 英語および(国語または数学) 英語および(国語または数学)
食物栄養科学科 食物科学専攻
管理栄養士専攻
英語および理科 英語および理科

入学検定料

1出願 2出願(併願割引制度適用)
35,000円 50,000円
推薦入学試験Sのポイント
●他大学と併願できる公募制の推薦入試です。
●午前と午後で適性検査時間が異なれば、同じ学科・専攻、異なる学科・専攻のいずれも出願することができます。
●午前と午後に2出願する場合、入学検定料の併願割引制度があります。
●適性検査は、全国9試験場において同一時刻、同一問題で実施します。
●本学が実施する他の推薦入試との併願はできません。
●出願において、調査書の評定平均値の条件はありません。

入試ガイド