海外研修プログラム

夏期または春期休暇期間中に実施する2週間~4週間の海外研修プログラム。4カ国での語学・文化研修のほか、さまざまな派遣プログラムがあります。これらは授業の一環として提供されており、単位を修得することができます。外国語の理解・表現力を高めるだけでなく、現地での生活を通して異なる文化や習慣に触れるなど、国際的な視野を広げるチャンスです。


  近代日本と
同志社
語学・文化研修 学部・学科が実施
する海外研修
春期 夏期 春期 夏期 春期
新島襄ゆかり
の地を巡る
ニュ-イングランド研修
カナダ アメリカ イギリス ニュージーランド メディア創造
学科
現代こども
学科
社会システム
学科
研修先
アメリカ
(プリマス、ボストン、アンドーヴァー、アーモスト、ラットランド、ニューヨーク他)
University of
Alberta
次の2校から参加者が選択する
・Concordia University
・Dominican University of
California
University of
Exeter
Waikato Pathways College

ドイツ
(デュッセルドルフ)

フィンランド
(ヘルシンキ)

タイ
(チェンマイ)
フィリピン
(ケソン)
研修期間 2月15日~
2月28日
8月7日~
9月1日
2月9日~
3月7日
2月15日~
3月17日
2月8日~
3月1日
8月21日~
9月1日
8月17日~
8月28日
2月9日~
2月22日
参加費用

本学学生:415,000円

同志社大学生:570,000円

※同志社大学生は研修後に奨学金(7万円)の申請ができる

455,000円
(予定)

355,000円 ~365,000円
(予定)

495,000円
(予定)
455,000円
(予定)
350,000円
(予定)
185,000円
(予定)
250,000円
(予定)
募集人数 20名 25名 25名 25名 25名 25名 16名 20名
最少催行
人数
6名 12名 1名 12名 12名 20名 8名 10名
応募資格 全学部・研究科生、同志社大学学部生
(除、卒業年次生)
全学部生

全学部生
(一定の英語力を有する者、除、卒業年次生)

全学部生
(除、卒業年次生)
全学部生
(除、卒業年次生)

全学部生
情報文化専攻生

全学部
2年次生以上
全学部
(除、卒業年次生)
研修内容
ニューイングランド地方の歴史・文化の体験学習と新島襄ゆかりの地の訪問
約4週間の英語研修
カナダ文化の学習、カナディアンロッキーへのフィールドトリップ等
約4週間の英語研修
スチューデントアクティビティを通しての交流等
約4週間の英語研修
イギリス文化の学習、バース・ストーンヘンジへのフィールドトリップ等
約3週間の英語研修
ニュージーランド文化の学習、コロマンデルへのフィールドトリップ等
ドイツ及びフィンランドにおけるアート&デザインの創造性と革新性
タイ・スタディツアー(開発とこども支援について学ぶ)
フィリピンにおける女性についての実地研修
滞在方法 ホテル ホームステイ ホームステイ ホームステイ ホームステイ ホテル ホテル ホテル
科目名・
単位数
「近代日本と
同志社D」・2
「海外事情
(カナダ)」・4
「海外事情
(アメリカ)」・4
「海外事情
(イギリス)」・4
「海外事情
(ニュージーランド)」・4
「メディア創造系海外事情A」・2 「海外こども事情A」・2 「海外事情(アジアと女性)」・2
引率者 教員1名
職員1名

(渡航時は添乗員が同行)

(渡航時は添乗員が同行)

(渡航時は添乗員が同行)
教員2名 教員1名 教員1名
本学からの補助金

※プログラムの内容は一部変更になる場合があります。

募集期間

夏期プログラム:2019年4月16日(火)~5月6日(月)
春期プログラム:2019年10月1日(火)~10月14日(月)



国際交流