同志社女子大学通信(広報誌)Vine

同志社女子大学と、在学生や卒業生など多くの方々が“Vine”(ぶどうの蔓)のようにつながっていくことを願い、年3回(春、夏、秋冬)発行しています。本学を身近に感じていただける冊子となっており、卒業生をはじめ、在学生の父母に毎号お届けしています。

最新号 Vol.87 / 2021年 夏発行 

Vine87_hyoshi.jpg 

特集

Vine87_tokusyu.jpg

“サステナブル”な社会をめざして
〜SDGs(エス・ディー・ジーズ)を自分事に〜

 

2015年9月の国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択されて以降、17の目標を表したロゴやピンバッジを見かけたり、“サステナブル”をキーワードにした商品を手に取ったりする機会が増えてきました。
聞いたことはあるけれど、まだよくは知らないSDGsについての知識を深め、持続可能な社会の実現のために、私たちができることを考えてみましょう。

日々是探究也 研究室訪問

Vine87_hibikore.jpg

「歌うこと」における詩の表現法を探求する
―歌う言葉の力で、共感する喜びを伝えたい―

 

松下 悦子 (まつした えつこ) 学芸学部 音楽学科 教授

[PROFILE]

本学学芸学部音楽学科声楽専攻卒業後、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学大学院声楽学科を修了。これまでの演奏活動に対して大阪文化祭本賞、音楽クリティック・クラブ奨励賞、藤堂音楽褒賞を贈られるなど、その歌唱力や表現力には定評がある。また毎回のリサイタルにおける興味深いプログラムは聴衆を魅了する内容となっている。第63回日本音楽コンクール声楽部門第2位受賞をはじめ国内外の声楽コンクールに多数上位入賞している。2005年、本学着任。日本シューベルト協会同人。

羅針盤 OG訪問

Vine87_rashinban.jpg

着物と海外をつなぐ仕事で
着物の魅力をもっと広めたい!

 

三ツ山 香里 さん(みつやま かおり)
株式会社マルヒサ
京都きもの京小町 東京店店長
家政学部 食物学科食物学専攻 1996年卒業

[PROFILE]

おかげさまで、Vineは今年で創刊25周年を迎えました。そこで、記念すべき創刊号の、在学生の活躍を紹介するコーナーにご登場いただいた、三ツ山香里さんにお話をうかがいました。着物関係のお仕事や、中学時代から続けておられるアーチェリーでのご活躍など、アクティブな三ツ山さんの現在を25年ぶりに取材させていただきました。

教員リレーエッセイ

Vine87_relayessay.jpg

365日の紙飛行機

 

竹井 史(たけい ひとし) 現代社会学部 現代こども学科 教授

[PROFILE]

大阪府茨木市生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程(後期)単位取得満期退学。修士(教育学)。専門は、美術教育学、幼児の遊び・造形。愛知教育大学創造科学系教授、同附属名古屋小学校長などを経て2018年より現職。文部科学省「図画工作科で扱う材料や用具」作成協力者。小学校図画工作科教科書(日本文教出版)企画及び著者。著書「まいにちぞうけい115」(メイト2017)「おもしろショートワーク 工作遊び編」(明治図書2019)他。

その他の記事

  • 時代の肖像
  • Movements
  • 日進月歩
  • 職員紹介
  • Book Review
  • 同志社女子大学同窓会《Vineの会》より
  • 同女ANTENNA
  • Report
  • Information 
  • Event Schedule

大学広報