学長メッセージ

message2019.jpg

140年を超える伝統と、未来を築く教育。
主体性を育み、社会で活躍できる女性へ。

同志社女子大学は、「キリスト教主義」「国際主義」「リベラル・アーツ」という教育理念を掲げ、6学部11学科を擁する女子総合大学です。1876年に開校した「女子塾」をルーツとして、140年以上にもわたる伝統を築き、より豊かな社会づくりに貢献できる女性を育成してきました。さらに創立150周年を迎えるにあたり、本学では活動方針「Vision150」を掲げ、「21世紀社会を女性の視点で『改良』できる人物の育成」に向けた活動を展開しています。そのひとつとして、2017年に今出川キャンパス、2018年に京田辺キャンパスに新しい学修空間「ラーニング・コモンズ」が誕生。学生がリーダーシップを発揮しながら教職員と共にプロジェクトを展開し、アウトプットの場は学外にも広がっています。また、2019年に「みぎわ寮」がリニューアルし、2020年には京田辺キャンパス隣接地に建設している新寮の供用を開始し、より快適で安心な住環境を提供。生活面からも、より良い学びをサポートします。

このように、本学には学生一人ひとりが主体的に行動し、社会で生かせる学びを培う環境が整っています。
人間性も知性も豊かな、次代を築く女性へ。
この学び舎が、あなたの新しい一歩を後押しします。

 

同志社女子大学学長
飯田 毅

建学の精神