1. 同志社女子大学ホーム
  2. 学生生活
  3. 宗教部だより
  4. 宗教部長からのメッセージ

宗教部だより

宗教部長からのメッセージ

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。そして、同志社女子大学へようこそ。  

春を迎え、新芽が息吹くごとく、皆さんの心の中には新たに切り拓かれる世界に向けて希望が溢れていることでしょう。一方、早春の風が吹きすさぶごとく、未知の世界への不安が心をかき乱している現実もあることでしょう。今、私たちは多様化した社会の中で、多様な価値観が渦巻く時代状況に生きています。その只中で、私たちにとって、判り易いことのみに心を奪われ、私たちの理解のみを絶対化する文化に閉塞しているように思えます。  

聖書に伝承されるイエスはこのような人間の様々な現実の只中に介在し、私たちに語りかけています。聖書を通し、イエスからの具体的な問いに出会うことができます。特に、「異なる他者を大切に思うこと」(隣人愛)は聖書の世界が問い続けたテーマです。同志社の創立者の一人新島襄も聖書の語りだす精神世界(愛)に触れ、自分自身が問われ、新しき歩みへと呼び出されました。ゆえに、同志社を退学させられた数名の学生たちに想いを寄せて、「人一人は大切なり」と語りました。それは、単に小ささや稀有さへの注目ではなく、排除された異質な存在への関心でありました。自分にとっての「異質な他者」との出会いこそが、自分自身の絶対的な正しさからの解放をもたらすことを確信していたからに違いありません。そこに、新島の求めた自由(リベラル)な世界が立ち顕れます。

皆さんも本学での学生生活を通じ、多様な出会いを経験されることと思います。自分自身と価値観の異なる他者と忍耐強く対話し続ける知性が育まれることを願っております。宗教部での様々な出会いも、そのような知性を育む一つの出来事となることと確信しております。 皆さんの新しき学びの歩みの上に平安と祝福をお祈り致します。

宗教部長 小﨑 眞


学生生活

宗教部年間テーマ
●2017年度●
「ともに泣き、ともに喜ぶ
―他なる<あなた>を想うこと―」
お問い合わせ
宗教部
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8471
今出川キャンパス
TEL:075-251-4141