1. 同志社女子大学ホーム
  2. 図書館
  3. 利用案内
  4. 貸出・返却・予約・レファレンス

図書館

貸出・返却・予約・レファレンス

貸出

館外貸出

館外貸出の流れ

学生証(社員証、図書利用カード)と貸出を希望する図書をカウンターにお持ちください。

貸出更新

返却期日内にその図書の予約がなければ、継続して借りることができます。貸出期間を延長したい場合は返却期日までに学生証と図書をカウンターにお持ちください。
蔵書検索システム(OPAC)「Webサービス」、から、貸出更新することもできます。
ただし、返却期限を過ぎている図書がある場合は貸出更新できません。

図書の取寄せ

今出川図書館、京田辺図書館それぞれが所蔵する図書を取り寄せて借りることができます。OPACで必要な事項を調べて「図書利用申込票」に記入し、カウンターにご提出ください。

貸出できない資料

参考図書、禁帯出図書、逐次刊行物(雑誌、新聞、官報など)、AV資料(ビジュアル)、CD-ROM、貴重書については館外貸出できません。ただし、一部の雑誌についてはバックナンバーを1週間貸出しています。詳しくはカウンターにお尋ねください。

一夜貸出・一時持出

貸出できない資料の中で未製本の雑誌(最新号を含む)、参考図書、禁帯出図書などを図書館が閉館している時間借りることができます。閉館30分前からカウンターで手続きを行いますのでお申し出ください。なお、返却は翌朝9時30分(翌日が休日の場合は翌開館日。翌日が土曜日の場合は10時30分)までとなります。
また、貸出できない資料を授業の発表などで使用する場合は、授業時間の間借りることもできますので、カウンターにお問い合せください。

指定図書

指定図書は授業に関する必読文献として担当教員から特に指定のあった図書のことで、指定図書コーナーに別置しています。これらの図書は必要な学生全員が利用できるように利用条件を制限しています。
それぞれ利用期間・利用方法が異なります。貸出できる資料もありますが、館内利用の場合も必ずカウンターで手続きをしてください。また、指定図書については継続貸出はできません。

退館時の注意

資料を館外に持ち出すときは必ずカウンターで手続きをしてください。
手続きせずに資料を持ち出すと、出口でアラームが鳴りゲートがロックされます。

返却

返却手続き

返却手続きの流れ

返却する図書を直接カウンターにお持ちください。

返却場所

借りた図書の返却は、同志社女子大学今出川図書館・京田辺図書館どちらでも返却することが可能です。

取扱時間外の返却

図書館閉館後は、図書館入口にある「返却ポスト」にいれてください。
AV資料(図書・雑誌の付属資料を含む)は、図書館開館時間に返却してください。

返却が遅れた場合

返却期日は厳守してください。延滞した場合はペナルティがかかり、各種サービスが受けられません。 1カ月以上の延滞は紛失とみなして弁償を求めます。

予約

予約とは

利用したい図書が貸出中の場合、その図書に対して予約をすることができます。
ただし、申し込みの際、延滞・貸出停止中の場合は予約ができません。

予約の方法

OPACで予約したい図書を調べ、「図書利用申込票」に記入し、学生証(社員証、図書利用カード)と一緒にカウンターにお持ちください。その際、受取希望館を指定することができます。
また、貸出中の図書についてはOPACのWebサービスからも予約ができます。
(参考:OPACよくある質問 0205.OPACで見つけた資料が貸出中の場合、どうすればよいですか。【予約】)

予約図書返却の連絡

予約図書が返却されると、e-mail、掲示板にて連絡します。予約図書の取置期間は10日間です。
e-mail、掲示板による連絡を確認し、受取希望館において貸出手続きを行ってください。

レファレンスサービス

レファレンスサービスとは、利用者の皆さんが図書館を効果的に利用できるように質問や相談を受け付けたり、文献探しのお手伝いをするサービスです。

<例えば>

  • 資料や文献の探し方が分からない。
  • データベースやCD-ROMの使い方が分からない。
  • ある事柄やデータを知りたい。
  • あるテーマについてどんな文献があるか知りたい。
  • OPACで検索しても、思うような資料が見つからない。

このようなときは、気軽にカウンターで相談してください。