学習環境・施設

京田辺キャンパスに5階建ての新たな学び舎、蒼苑館

看護学部関連棟として、看護学の専門分野ごとに、基礎看護学、成人看護学、ウイメンズヘルス・小児・精神看護学、高齢者・在宅・公衆衛生看護学の各実習室を設置し、医療現場での臨地実習と直結した学びを可能とする環境が整っています。
また、看護学部の学生専用ロッカー、オープンラウンジなども設け、ゆとりを持った学修が可能です。
さらには、看護学部と既存の薬学部との連携を視野に入れて、薬学部関連の設備や、看護学部と薬学部との教育・研究の連携促進のためのプラクティカル・サポート・センターなども設置しています。

プラクティカル・サポート・センター(シミュレータなどを用いて看護技術を学習する施設)

安全・安心な看護を提供するためには、看護技術の基本を繰り返し練習することが大切です。看護学の実習室に加え、プラクティカル・サポート・センターにも自己学習のできる環境を整備します。血圧測定モデル、フィジカルアセスメントモデル、心肺蘇生モデルなどを常設しています。また、薬学部とのコラボレーションによるチーム医療を学習する場所としても活用する予定です。

プラクティカル・サポートセンター


基礎看護学実習室

充分にゆとりのあるスペースに実際の病室を再現しベッドを設置、教員のデモンストレーションや大型モニターを使った映像を確認しながら、食事・睡眠・排泄・清拭など看護対象の日常生活援助や、検査・治療・処置に伴うケアなど、看護師としての基本となる技術を習得します。シミュレータやiPadを活用し、身体や症状に対する専門的な理解も深めます。学生一人ひとりが確実に技術を習得できるように、基礎的なトレーニングを繰り返します。

基礎看護学実習室


成人看護学実習室

少人数で演習ができるようにベッドを配置し、周手術期看護ではシミュレータを用いて術後患者を想定し、術後管理技術を学修します。また、リハビリテーション看護では呼吸訓練、歩行訓練、移乗方法などの指導を行えるような物品を配置しています。がん・慢性期疾患では、治療遂行や症状緩和に必要な薬液管理や創傷の処置、社会復帰をめざした日常生活援助と患者教育の技術を学修します。シミュレータを用いて、臨床で遭遇する場面を再現しながら実際に活用できる技術の習得をめざします。

成人看護学実習室


ウイメンズヘルス・小児・精神看護学実習室

小児看護に必要な看護技術や女性のセルフマネージメントや妊産褥婦、新生児のケア技術、精神看護におけるコミュニケーションや日常生活援助技術について学修します。小児・新生児ベッド、保育器、新生児沐浴槽などを備え、少人数での体験学習ができるように新生児や乳児のモデル人形やシミュレータを装備しています。また、高性能乳児医療トレーニングシミュレータや模擬分娩室を整備しており、臨床場面を想定した学修ができます。

ウイメンズヘルス・小児・精神看護学実習室


高齢者・在宅・公衆衛生看護学実習室

在宅や施設で暮らす高齢者の自立した生活に向けた看護ケア技術について学修します。和室や浴室など在宅さながらの住環境を備え、口腔ケアモデル、経管栄養シミュレータ、入浴介護実習モデルなどを装備して、臨場感のある学修ができます。また、公衆衛生看護の視点から、地域で生活する人々のさまざまな健康課題に対する援助技術を、そして学校の保健室機能も装備しており、健康診断・健康相談技術などの実際的な学修ができます。

高齢者・在宅・公衆衛生看護学実習室



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
看護学部事務室
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8818