日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金(公的機関の奨学金)

返還の必要のない給付奨学金と、卒業後の返還が必要な貸与奨学金があります。また貸与奨学金には、無利子の「第一種奨学金」と有利子の「第二種奨学金」があります。いずれも所定の学力水準および家計基準を満たす必要があります。 ただし、やむを得ない事情で家計が急変し緊急に奨学金の必要が生じた場合には、年間を通して出願可能です。

日本学生支援機構Webサイト

<2020年度実績>

 
  対象/種類 月額(円) 募集 奨学生数
最高月額以外 最高月額
給付奨学金 ※1 学部生 自宅通学 12,800~38,300 4月・
10月
372
自宅外通学 25,300~75,800
第一種奨学金
(無利子)
学部・専攻科生 自宅通学 2万、3万、4万 54,000 ※2 4月 889
自宅外通学 2万、3万、4万、5万 64,000 ※2
大学院 修士・博士課程
(前期)
50,000・88,000
博士課程
(後期・薬学)
80,000・122,000
第二種奨学金
(有利子)
学部・専攻科生 2万~12万(1万円単位)から選択 ※3 1,187
大学院 50,000 ・ 80,000 ・ 100,000 ・
 130,000 ・ 150,000
※1 給付奨学金の受給者には、併せて授業料等の減免措置が適用されます。
※2 出願時における家計支持者の年収が一定額以上の方は、最高月額から選択できません。
※3 貸与月額は、希望する額を選択することができます。薬学部に在籍する者で12万円を選択した者に限り、希望により2万円の増額貸与が受けられます。第二種の利率は3%を上限として変動します。

募集時期

学部生、大学院生とも主に4月から募集を行います(給付奨学金については、例年10月にも募集予定です)。願書交付、受付等募集日程の詳細は掲示板や本学Webサイト(在学生ニュース)で確認するようにしてください。

推薦および採用

出願者の中から大学で適格者を選考の上、日本学生支援機構に推薦します。推薦時より約2カ月後に採否の決定があり、その通知は大学付与のメールアドレス宛にお知らせします。奨学生に採用されると、原則として最短修業年限の終期まで毎月給付・貸与されます。

奨学金の返還

貸与終了年度の11月に返還説明会があります。3月満期の奨学生は同年10月から返還が始まります。

家計急変採用(給付)/緊急・応急採用(貸与)

やむをえない事情による家計急変のため、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、年間を通じて出願できます。ただし、家計急変採用(給付)は事由発生から3か月以内、緊急・応急採用(貸与)は事由発生から12か月以内に出願する必要があります。詳細については学生支援課まで問い合わせてください。


奨学金制度