ATJプログラム

オーストラリア・ビクトリア州にある公立または私立学校(小学校およびセカンダリーカレッジ)の日本語・日本文化の授業で日本語教師のアシスタントをするプログラムです。ビクトリア州教育・訓練省が、その傘下にある公立学校などと協力してプログラムを実施します。アシスタントに対する管理責任者は派遣先の学校長です。
プログラム期間は9か月(2020年4月~2020年12月)です。このプログラムはあくまで文化交流を目的としているため給与は支給されませんが、雑費として毎週120オーストラリアドル程度が支給されます。そのほか、ホームステイが無料で提供されます。

募集要項 【追加募集】10月14日(月)~10月25日(金) 18:30まで

募集対象 ・本学を2019年3月から2019年9月に卒業した者、もしくは2020年3月に卒業見込みの者。
・2020年2月1日時点で年齢が30歳以下であること(ビザ取得要件であるため)
・健康で、異文化に対し柔軟な姿勢を持っている者。
応募資格

以下1.および2.の条件を満たすこと。

1. 英語資格について、以下いずれかのスコアを有すること(取得時期不問。応募の際に、成績表のコピーを添付すること)。

 1) TOEFL iBT 61、PBT/ITP 500 以上

 2) TOEIC 605 以上

 3) IELTS 6.0 以上

 4) 英 検 準1級 以上

なお、TOEFL-iBTおよびIELTSについて、募集期間最終日の1か月前までに受験した場合で、成績表原本が未着の場合は、ETSウェブの「My Home Page」、または「オンライン試験結果表示サービス」の画面コピーで可(原本入手後、速やかに国際課にコピーを提出すること)。ただし、TOEFL-iBTでの出願はTest Dateスコアのみ有効とする(MyBestスコアは適用されない)。

2. 以下1)から4)のうち、1つ以上を満たすこと。

 1) 本学における成績
       4年間または前学期までの修得科目(教職課程科目を除く)の累積GPAが2.5以上であること。

 2) 日本語教員養成課程
       本学の定める日本語教員養成課程(日本語指導実践課程を除く)を修了していること、または卒業時に修了見込みであること。

 3) 教員免許
      小学校、中学校、高等学校いずれかの教員免許を取得している、または卒業時に取得見込みであること(教科は問わない)。

 4) その他
      日本語指導経験、ボランティア活動等の特記事項があること。

応募書類

(1)2020年度ATJ(Assistants to Teachers of Japanese)プログラム参加申込書【追加募集】
(写真貼付、保証人の同意書含む)
(2)課題作文
以下の要領に従い日本語で作成すること。
  1)MS-Wordを使い、A4用紙1枚にまとめること。
  2)文字は10.5ポイントとし、1行40文字で、行数は30行以上で任意とする。
  3)ヘッダーに、学籍番号と氏名を入れること。
  4)課題
「あなたが、オーストラリアの生徒に伝えたい日本の魅力をひとつ取り上げ、その魅力を具体的に
      紹介したうえで、それがどのような日本文化や日本人の精神性を背景にしているかを説明してく
       ださい。」

(3)英語資格の成績表コピー(取得時期不問)
(4)ビクトリア州教育・訓練省指定の以下の書類
   1)Application Form 
   2)自己アピール書(英文タイプ、A4用紙1~2枚程度)
    なぜATJプログラムに参加を希望するのかも記述してください。
   3)成績証明書(英文)
   ・在学生は、現在履修中の科目名を含めて作成依頼をしてください。
   ・日本語指導に関する科目は、当該科目を蛍光マーカーで印をつけてください。
   4)推薦書(原則として英文)  1通以上(教授もしくは准教授によるものに限る)

選考方法 応募書類一式をもとに学内選考を行います。
学内選考に合格した者を、ビクトリア州教育・訓練省に推薦します。
選考
スケジュール
10月14日(月)~
10月25日(金) 18:30
募集期間【追加募集】
11月1日(金) 13:00 学内選考合格発表【追加募集】
順次連絡 ビクトリア州教育・訓練省より最終結果通知(電子メールで通知)
順次連絡 渡豪のための諸手続(査証申請、航空券手配、海外旅行傷害保険加入等)
2020年4月中旬~ 出発
その他

卒業後の進路です。あくまで本人の責任で参加してください。

・応募書類は、国際課に提出してください。卒業生のみ郵送による提出も受け付けます(締切日必着)。

・学内選考の合格発表等の連絡事項は、掲示にてお知らせします。卒業生へはメール及び郵送にて通知します(発表日の発送となります)。

・オリエンテーション
以下の日程で、オリエンテーションを実施する予定です。
日 時: 12月 4日(水)16:45~18:15
場 所: 今出川キャンパス R102(楽真館1階)
内 容: 過年度参加者による体験談、今後の手続き、航空券、保険、ビザについて等

リンク

応募書類

採用実績

2006年度 10名 (英語英文学科7名/日本語日本文学科2名/社会システム学科1名)
2007年度 9名 (英語英文学科6名/日本語日本文学科3名)
2008年度 10名 (英語英文学科5名/日本語日本文学科2名/音楽学科2名/社会システム学科1名)
2009年度 12名 (英語英文学科9名/情報メディア学科1名/社会システム学科1名/現代こども学科1名)
2010年度 8名(英語英文学科6名/日本語日本文学科1名/社会システム学科1名)
2011年度 15名(英語英文学科7名/日本語日本文学科2名/国際教養学科3名/社会システム学科2名/英語英文学専攻1名)
2012年度 7名(英語英文学科4名/日本語日本文学科1名/国際教養学科1名/人間生活学科1名)
2013年度 10名(英語英文学科7名/日本語日本文学科2名/社会システム学科1名)
2014年度 2名(英語英文学科1名/社会システム学科1名)
2015年度 4名(英語英文学科1名/日本語日本文学科1名/国際教養学科1名/人間生活学科1名)
2016年度 4名(英語英文学科2名/社会システム学科1名/国際教養学科1名)
2017年度 7名(英語英文学科6名/国際教養学科1名)
2018年度 10名(英語英文学科5名/国際教養学科3名/社会システム学科1名/現代こども学科1名)
2019年度 5名(英語英文学科4名/日本語日本文学科1名)

体験記


卒業後の進路