奈良県立医科大学・同志社女子大学学術交流に関する包括協定に基づく講演会「男女共同参画社会」

2017/06/16

場所:奈良県立医科大学 臨床第一講義室

プログラム

1:『現代社会における女性~ジェンダー・ギャップと女性の貧困~』
谷直之 同志社女子大学現代社会学部教授

2:『奈良県立医科大学における男女共同参画の現状』
須崎康恵 奈良県立医科大学女性研究者支援センターマネージャー

「男女共同参画社会」をテーマに、奈良県立医科大学との学術交流に関する包括協定に基づく第2回目の講演会を開催しました。
今回は、奈良県立医科大学の教職員・学生を対象とするFD・SD講演会として、奈良県立医科大学からは須崎康恵女性研究支援センターマネージャーが、本学からは谷直之現代社会学部教授が講演を行い、他業種より比較的女性就業者数が多い医療機関で働く人にとって、日本における女性の社会進出の現状や当院の女性就業者の現状について共通認識を持つことができる良い機会となりました。
当日は約110名の来聴者が熱心に耳を傾けておられ、盛会のうちに終了しました。