1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2011年5月
  4. 現代社会学部公開講座 第12期 町家で学ぶ京都の歴史と文化 ~第2回 「楽しい書の世界」~

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

現代社会学部公開講座 第12期 町家で学ぶ京都の歴史と文化 ~第2回 「楽しい書の世界」~

開催日|5月21日(土)

場所:京まちや平安宮

日本漢文学・和漢比較文学が専門の同志社女子大学教授、本間洋一先生は書道の指導者でもあります。「書は人なり」、字の面白さを学び、そこから一歩踏み出して自分らしいものを作って進化し、字に感情を表現するのが書家。形よりも大事なのは線質です。人間の厚みは線質の深さとして表れます。書を楽しむには字の形にこだわらなくても良いように、漢詩も自分で作って楽しむものです。デモンストレーションを交えた本間先生のユーモアあふれるお話はまるでトークショウ聴いているようで、難しいと敬遠しがちな漢詩や書道の世界の楽しさを身近なものに感じることができました。
講演前に本学音楽学科生による生演奏があり、ヴァイオリンとオーボエによる音色を楽しみました。


  • 本日の京和菓子:藤をイメージした和菓子
    本日の京和菓子:藤をイメージした和菓子

イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631