1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2011年3月
  4. 現代社会学部公開講座 第11期 町家で学ぶ京都の歴史と文化 ~第5回「京都に培われたお豆腐狂言」~

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

現代社会学部公開講座 第11期 町家で学ぶ京都の歴史と文化 ~第5回「京都に培われたお豆腐狂言」~

開催日|3月12日(土)

「お豆腐狂言」とは比較的安価である豆腐は、調理によっては庶民的な味にも高級感のあるものにもなることから、誰からも愛される狂言でありたいとの願いが込められています。 能が悲劇的、シリアスな歌舞劇であるため、観る側にも緊張感を与えるのに対し、狂言は能と能の合間の心の緊張感をほぐす、今も昔も変わらない普遍的な笑いの古典芸能と言えます。茂山茂先生は大蔵流の狂言師として京都を拠点とし、世界の舞台へ活躍中です。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631