1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2010年9月
  4. 現代社会学部公開講座 町家で学ぶ京都の歴史と文化 ~第5回「京湯葉の老舗に嫁いで」~

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

現代社会学部公開講座 町家で学ぶ京都の歴史と文化 ~第5回「京湯葉の老舗に嫁いで」~

開催日|9月18日(土)

京町家の風情を残す1804年創業の京湯葉の老舗「千丸屋」に嫁いできた越智温子氏。従業員と社長との潤滑油の役目を果たし、随所に心配りをして家を守っておられます。新商品へアイデアを出すこともあり、『源氏物語』に因んで湯葉・ちりめん・山椒を炊き合わせた商品「花散里」(はなちり)を考案。健康志向の家庭はもとより寺社の多い京都では需要が多いが、現在は百貨店などにも出店し、全国にも展開。先代がよく口にされていた「大豆の力。勢いのある豆」を用いて昔ながらの製法を受け継ぎつつ、嫁としての新たな視点で京湯葉がより広く、多く楽しまれる取組みをされることが期待されます。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631