よくあるご質問

1口未満の寄付の申込は可能ですか。
はい、可能です。口数、金額にかかわらず、ありがたくお受けし、大切に活用させていただきます。
寄付を匿名とすることは可能ですか。
はい。芳名帳への記載を希望されない方につきましては、「匿名」とさせていただきます。
寄付をしたいのですが、金融機関に足を運ぶ時間がありません。
インターネットを利用してのクレジットカードやネットバンキングでの申込方法をお選びいただきますと24時間いつでも寄付をしていただくことができます。詳細は申込方法をご確認ください。
申し込みの際に、特に使途の指定がない場合、どうすればよいですか。
払込取扱票に記載の「9.その他(学長一任)」をお選びください。学長一任として寄付を活用させていただきます。また、払込取扱票にチェックのない場合も、同項目にてお受けいたします。
申し込みの際に、複数の使途に寄付したい場合はどのようにすればよいですか。
寄付をしたい使途全てにをいただき、通信欄にその内訳をご記入ください。
例:寄付額50,000円(うち1.教育・研究環境の充実20,000円、2.経済的困窮学生に対する奨学金30,000円の場合)両項目にの上、通信欄に1=20,000円、2=30,000円とご記入ください。
寄付はいつまで続きますか。継続して寄付をすることは可能ですか。
当募金は毎年度更新を予定しております。口座振替、インターネットによるお申し込みをご利用いただくことで継続した寄付が可能となります。詳しくは申込方法をご確認ください。
使途の具体的な内容を教えてください。
今後、皆さまからいただいた寄付額をもとに使途ごとの具体的な活用方法を決定していく予定です。募集段階で具体的な使途をすべてお知らせすることはできませんが、実際に寄付金が使われた際にご報告させていただきます。
寄付をすると税制上の優遇措置を受けることができますか
はい。本募金は税制上の優遇措置を受けることができます。詳細はこちらのページをご覧ください。但し、年内(1月から12月)の寄付金総額が2,000円以下の場合は対象外となります。
寄付金の控除を受けるためにはどうすれば良いですか
本学からお送りする「領収書」及び「寄付控除証明書」を寄付を行った翌年の確定申告の際に税務署に提出してください。なお、確定申告書類の詳しい記入方法については、お答えいたしかねますので、所轄の税務署にご相談をお願いします。
振込手数料はかかりますか。
本学所定の払込取扱票を利用して、以下の金融機関でお振り込みいただく場合、手数料は無料になります。
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、京都銀行、南都銀行、ゆうちょ銀行・郵便局
領収書が届くのにどれくらいかかりますか
【払込取扱票によるお振込みの場合】
当該金融機関から本学に振込通知が届き次第、領収書等発行の手続きをいたします。
通常2週間程度のお時間をいただいております。
【インターネットによるお手続きの場合】
クレジットカード決済代行会社から本学に入金された後にお送りいたします。そのため、お申込み受付より2か月程度の時間を要することもあります。領収証発行日は、本学に入金された日付となりますので11月以降にお申込みいただいた場合、領収証発行日付は翌年度となることもあります。その場合は寄付金控除も翌年の対象となりますのでご承知おきください。
領収書をなくしてしまいました。再発行は可能ですか。
領収書は再発行が可能です。経理課(TEL 0774-65-8410)までお問合せください。
個人情報の取扱いについて知りたい
いただいた個人情報は寄付金の適切な管理、各種ご案内・ご連絡、お問い合わせへの対応等のために利用します。目的以外のために、事前にご本人の承諾を得ることなく個人情報を第三者に提供することはありません。
払込取扱票に個人情報はできる限り記載したくないのですが。
記入いただける範囲でご記入いただければ結構です。但し、領収証の作成に必要となりますので、氏名・住所は4票とも漏れなくご記入くださいますようお願いいたします。
会員限定のイベントや特典はどのようにして知ることができるのですか。
本WEBサイトや定期的に発行するニューズレターにて詳細をご案内する予定です。
税制上の優遇措置はありますか。
寄付金全額を損金に算入できる「受配者指定寄付金」制度と、一定の額まで損金に算入できる「特定公益増進法人に対する寄付」制度がございます。
詳細は学校法人同志社の募金ウェブサイト「法人でのご寄付の場合」をご覧ください。
受配者指定寄付の申込はどのようにすればよいですか。
受配者指定寄付金をご希望の場合は、本学への寄付申込書に加え、日本私立学校振興・共済事業団(以下、私学事業団)宛の寄付申込書提出も必要となります。ご入金いただいてから、私学事業団の領収証発行まで1~2か月程度かかり、お申し込み時期によっては決算日に間に合わないこともありますので、余裕をもってお申込みいただきますようお願いいたします。
サークル単位で寄付をしたいのですが、税制上の優遇はありますか。
サークルやゼミ、同窓会などの団体において、個々の賛同者の情報をとりまとめ、個人リスト(所定様式)をご提出いただければ、個人別に領収証を発行いたします。この場合、個人としての税制上の優遇措置を受けることができます。