日本文学と演劇の融合 〜Nプロジェクト〜

皆さん、こんにちは!日本語日本文学科3年次生のたにちゃんです!

今年は例年よりも早く梅雨入りしましたね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

今回は表象文化学部日本語日本文学科の学生有志による「Nプロジェクト」を紹介しようと思います!

Nプロジェクトとは??

Nプロジェクトとは、日本語日本文学科の学生が主体となり運営する演劇の課外活動です。 2月もしくは3月に一年の活動の集大成として日本文学を舞台化したものを栄光館ファウラーチャペルで公演します。 残念ながら新型コロナウィルスの影響で2019年度は公演中止となりましたが、2020年度は無事に本公演を迎えることができました!

活動内容

Nプロジェクトの活動内容は、文学作品を選んでストーリーを確認し、演劇化するために脚本として構成します。そして、有志の学生で演者・脚本・照明・衣装など各担当に分かれ準備を進めます。演者は演劇指導の先生に稽古をつけていただき、脚本担当などのスタッフは舞台の構成やセットをどのようなものにするのかを考え、一つの作品を作り上げていきます。本公演までにも、学内で小公演も行うこともあります。

私は2019年度のNプロジェクトに演者として取り組んでいました。 演劇に関しては何も知らないまま参加しましたが、稽古の先生から学び、先輩方や同級生と切磋琢磨する日々はとても楽しかったです!活動は7月ごろに募集をかけ、人数が集まり次第開始します。発声などの演劇の基本的な練習は不定期で行い、演者とスタッフに分かれての打ち合わせや、全体での会議をしていきます。複数回参加している人もおり、みなさん優しいので長く続けやすいです。

 

日本語日本文学科に入学された際はぜひ参加してみてください。

もしかすると自分の新たな一面に出会えるかもしれません!!