社会システム学科の5つのコースについて

こんにちは! 社会システム学科のほのかです。

だんだん日が暮れるのも早くなってきましたね^^

さて、今回は私が所属する社会システム学科の5つのコースについて紹介します。

社会システム学科には「多文化共生コース」、「ビジネスマネジメントコース」、「ライフデザインコース」、「京都学・観光学コース」、「公共政策と法コース」という5つのコースがあります。

「多文化共生コース」とは、世界の文化や歴史、問題などを中心に学ぶことができるコースです。このコースには外国人の先生のゼミもあります。

「ビジネスマネジメントコース」とは、経済や経営、金融などを中心に学ぶことができるコースです。企業の方を講師としてお招きする授業などもあります。

「ライフデザインコース」とは、心理や福祉、教育、ジェンダーなどを中心に学ぶことができるコースです。心理臨床学について学べる授業などがあります。

「京都学・観光学コース」とは、観光マーケティングや地理、日本の歴史、京都の文化、博物館などを中心に学ぶことができるコースです。実際に京都の観光地を訪れて学ぶ授業もあります。

「公共政策と法コース」とは、政治や法を中心に学ぶコースです。憲法や刑法、民法などの授業があります。

どのコースにするかは、どのゼミに所属するかによって決まります。

ゼミとは少人数で特定の分野についてより詳しく学ぶ授業です。社会システム学科では2年生の秋頃からゼミ選びが行われ、3年生からゼミが始まります。

ゼミを選ぶときには説明会や先輩ゼミ生との相談会が開かれるので、自分に合ったゼミを探すことができます。 1つのゼミの定員は年によりますが私のときは18人でした。

希望者が定員を超えた場合は成績やレポートなどで選考が行われます。選考の方法はゼミによって違います。

もし選考に落ちてしまっても自分の所属するコース以外の授業も受けることができます!

私はライフデザインコースで心理学のゼミに所属しています。

様々な分野の授業を受けて一番興味を持ったのが心理学だったのでこのゼミを選びました。

心理学の授業を多く受けていますが他のコースの観光や法、情報といった授業もよく受けています。

どのコースにもそれぞれの魅力があります。

自分に合った学びを見つけるために1、2年生のうちに様々な分野の授業を取っておくことをおすすめします!