夏休みを利用して、短期留学へ! 〜カナダ〜

皆さん、こんにちは。英語英文学科3年次生のまほです!

皆さんは留学に興味はありますか?

大学生になると高校生の頃よりも、留学に行けるチャンスは増え、もっと身近になります。

私が経験したカナダでの1ヶ月間の語学留学についてご紹介したいと思います。

今回の留学では、同志社女子大学の留学プログラムの1つである、

海外研修プログラム(短期留学)を利用しました。

私が英語圏に渡航したのは今回の留学が初めてだったのですが、

事前に国際部の職員さんたちが丁寧にサポートしてくださったので、安心して留学に行く事ができました!

この記事では、≪カナダでの語学学校≫≪フィールドトリップ≫≪ホームステイ≫≪私のお気に入りのお店≫の4項目でたっぷりと留学についてお話ししたいと思います!

語学学校ってどんな所?

初めに、私が1ヶ月間通った語学学校についてです。

このプログラムではアルバータ州のエドモントンにある、アルバータ大学語学学校に通いました。

この語学学校は、アルバータ大学に付属する語学学校です。

クラスには20名ほどの生徒がおり、日本からの留学生も多くいましたが、メキシコや韓国からの留学生もいました。

午前中は、日本と同じように教室での授業(主にカナダ文化について)を受け、時々プレゼンテーションも行いました。

午後は自由な時間だったので、近くのモールで買い物をしたり、ご飯を食べたり、

色々なことをしてカナダを満喫することができました!

また学校では、午後の時間にみんなでさまざまなテーマについて話し合ったり、お菓子を食べながら映画鑑賞をしたりするコミュニティを広げながら、

英語を楽しく話すイベントが毎日あり、予定がない日は参加しました!

また、仲良くなった韓国の留学生と、エドモントンの夏の恒例である“Fringe Festivals”に行き、大道芸人のパフォーマンスやさまざまなタイプのショーを楽しんできました。

カナディアンロッキーへのフィールドトリップ

カナダでの滞在中に、2泊3日でカナディアンロッキーのバンフへ行きました!

バンフは映画に出てくるような街並みが広がっていて、どこを見てもとても美しかったです!

また、ルイーズ湖でカヌー体験もでき、とても疲れましたが楽しい思い出ができました!

特に印象に残った場所は、世界一美しいと言われているモレーン湖です。

どこを見渡しても大自然に囲まれていて、日本ではなかなか味わえない美しさでした。

絶対にもう一度来たい!と思える場所です。

ホームステイについて

この留学プログラムでは、カナダに住む家庭にステイしました。

私のホストファミリーはスリランカから移住してきた方たちでした!

カナダには移住してきた人が多く住んでいるので、

ほかにも中国系やフィリピン系の家庭にステイする友達もいました。

食事は基本3食用意して下さって、私のホストファミリーは、朝食にパンケーキ、昼食はサンドウィッチなどのお弁当、夕食は主に肉料理を用意してくれることが多かったです。

スリランカ出身の方だったので、スパイシーな料理が多かったです!

午後の空いた時間や週末になると、ホストファザーが近所のスーパーやアウトレットに連れて行ってくれて、カナダでの生活を楽しく話してくれました。

私のお気に入りのお店

カナダ滞在中、友だちとたくさんのお店に行きましたが、その中でも皆さんに是非行っていただきたいおすすめのお店が2つあります!

まずは、海外らしい!と感じられるスーパーマーケット“Real Canadian Superstore”です。

豊富な種類の食材や、海外ならではのサイズのケーキも売っていて何もかもが大きく感じられました!

輸入食品も取り扱っていたので、日本食が恋しくなった時は、少し高いですが購入したりもしました。

もう1つのお店は、ファストフード店の“Tim Hortons”です。

私たちが通っていた語学学校の隣にあったので、滞在中は週に4回のペースで行っていました!(笑)

ここでは、ハンバーガーやドーナツなどを売っていて、一度食べたらハマってしまう美味しさでした!

   

いかがでしたか?私のような海外経験が少ない人でも、

何度も行ったことのある人でも、ここでしかできないかけがえのない経験をたくさんする事ができます!

同志社女子大学が開催する短期留学では、単位も取得することができます。

また、留学前には国際部の方から、渡航や留学中の注意点などを詳しく指導していただき、さらにカナダの文化や政治について事前にリサーチする授業もあります。

留学前から留学中も、学校側がしっかりサポートしてくれるので安心です。

この海外研修の他にも、短期から長期までさまざまな留学プログラムが同志社女子大学にはあります。

同志社女子大学の留学プログラムについてもっと知りたい方は、是非オープンキャンパスなどにお越しください!

皆さんで英語を楽しみましょう!