ビッグシスター制度について

みなさん、こんにちは。日本語日本文学科一年次生のさやかです。

 

今回、私が同女の魅力について考えた時に真っ先に思い浮かんだのは、同女ならではの制度である「ビッグシスター制度」です。

聴き馴染みのない言葉で、この言葉を聞いただけではすぐに理解することは難しいと思います。

 

そこで、私がこの記事で皆さんにお伝えしたいことは

 

① そもそもビッグシスター制度とはなんなのか

② 私がこの制度を通じて学んだこと、良かったこと

 

についてお話ししたいと思います。

少しでもみなさんのお役に立てたら光栄です。

 

 

①そもそもビッグシスターリトルシスター制度とはなんなのか

初めて体験することが多い大学生活の新しい環境に、少しでも早く慣れ親しめるよう、入学前に新入生(リトルシスター)に上級生(ビッグシスター)を紹介する制度です。

 

ビッグシスターリトルシスターの組み合わせは、1人のビッグシスターに1人(ないしは2人)のリトルシスターを原則としています。

あらかじめ参加を申し込んでいるビッグシスターの中から、リトルシスターの申し込みがあるごとに、随時、紹介していきます。

学科出身地現住所などの地理的事情、趣味そのほか必要事項を参考にしながら組み合わせて、双方に紹介状を送ります。

紹介状を受け取ったら、お互いに連絡を取り合い、活動が始まります。

この制度の最大の魅力はなんといっても、安心して学生生活を始められることに加え、入学後も履修や定期試験について相談したり、クラブ活動やサークルについての情報を教えてくれることです。

1人対1人で連絡を取り合うので、親身に相談に乗ってくれます。

 

 

②私がこの制度を通じて学んだこと、良かったこと

私は九州の鹿児島県出身ですが、日本を代表する重要文化財が多くある京都に強い憧れを抱き、一度も訪れたことのないまま学生生活をこの地で過ごすことを決めました。

いくら強い憧れがあるといえど、初めての一人暮らしで不安ばかりでした。

そんな中、私のビッグシスターである同じ学部の二年次生の先輩が何よりの心の支えでした。

 

最初はメールでのやり取りでしたが、LINEを交換し、パソコンについてや1人暮らしについての情報、クラブ活動について親身に相談に乗ってくれました。

今では、同じ部活に所属しており、ご飯を食べに行ったりお泊まりをするなどとても仲良くして頂いています。

 

 

 

 

私も新入生が安心して大学生活を送れるよう、今年はビッグシスターを志望しようと思います。

皆さんも同女に入学する際に悩みがあるときは、1人で悩むのではなく、ビッグシスター制度を利用してみて下さい。