Placement Handbook 2020
13/152

11Placement Handbook 2020企業等から要請を受けた大学が、その企業を受験するのにふさわしいと判断される学生を推薦する方法です。学校推薦等の求人申込みがあれば、メールマガジンやキャリア支援部掲示板の「学校推薦」掲示場所に必ず掲示しますので、これらを定期的に見るようにしてください。応募する人は申込みの締切日に注意してキャリア支援部で手続きをしてください。必要書類が提出できるよう前もって準備しておくことが大切です。原則として学業成績や求人条件への適合度等を判定基準とする“学内選考”を行います。企業と大学の信頼関係を保つため、応募者はキャリア支援部で申込時に行う説明を遵守しなければなりません。1)学校推薦の募集方法をとる企業等を希望する者は、学内締切日までに所定の手続きをしなければならない。2)学校推薦者となった場合は、当該企業等の採用試験が不合格になった場合のみ次の申込みをすることができる。3)学校推薦が決定した場合、他企業の受験および内定の辞退は一切認められない。❶ 学校推薦求人《掲示、メールマガジンをチェック》 キャリア支援部事務室前の掲示およびメールマガジンで告知。❷ 求人内容を確認《キャリア支援システムをチェック》 求人の詳細(職種、勤務地、給与、就業時間、その他応募に関する詳細など)を確認。知名度に左右されることなく、キャリア支援システムなどで事業内容等を調べる。❸ 選考日の予定《受験辞退不可》 スケジュールを確認して、企業選考日に支障がないか確認する。❹ 応募の意思決定《内定辞退不可》 求人内容を検討し、必要に応じ家族とも話し合って、応募の意思決定をする。なお、発表後の辞退は認めない。これに違反した者には、以後、一切推薦を行わない。❺ 応募書類の準備《キャリア支援部にて必要書類の受取》 応募には「学校推薦申込書」(キャリア支援部で配布)が必要。 その他、配布書類があれば受け取る。各種証明書や履歴 書に貼る写真は、学内締切日時に間に合うよう余裕を持って準備する。❻ 応募手続き《キャリア支援部へ》 事前に求人内容等の資料を確認した上で、必ず本人が必要書類を提出すること。学内締切日時厳守。締切後は申込みも辞退も認めない。❼ 学内選考結果確認《選考通過者は必ずキャリア支援部へ》 学内選考結果は掲示で発表。選考通過者は必ずキャリア支援部に選考通過の旨を申し出て、企業選考日時、場所、携行品等を再確認する。(受験上の注意や選考日時の変更等を連絡する場合もある) 学内選考に漏れた場合は提出した書類(「学校推薦申込書」を除く)を返却する。❽ 企業での選考《遅刻厳禁》 不測の事態にも対応できるよう、時間に余裕を持って企業へ出向く。❾ 最終合否連絡《就職活動の終了》誰にどのタイミングで企業から連絡があるのかをしっかりと確認しておくこと。内定したら至急、印鑑持参の上、キャリア支援部へ来課して誓約書を書く。企業へお礼状を出す。 自由応募等で受験中の他の企業はすべて辞退する。「就職決定届 兼 就職活動報告書」・「就職試験受験状況調査書」・「就職活動に関するアンケート」をキャリア支援部に提出する。● ●●●●■ 学校推薦の流れ学校推薦

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る