Q&A

学びの内容や、設備環境、取得可能な資格や卒業後の進路といった基本事項をはじめ、本学科に寄せられる質問の中から、代表的なものをまとめました。

Q1 現代こども学科は、他大学の教育学部とどのように違うのですか。

小学校か幼稚園の免許を主に取得する場合、一般の教員養成大学・学部では副専攻として中学校・高等学校の教科の専門的な勉強、あるいは教育学や心理学の専門的な勉強をするところが多いです。それに対して現代こども学科では貧困問題とこども、遊びの社会学など、こどもにかかわるさまざまな領域の科目(こども学)を学びます。こども学を基礎としているところが、他大学とは異なるところです。

Q2 取得できる資格は何ですか。

現代こども学科の卒業要件を満たし教職課程関係の所定単位を修得すると、小学校教諭一種免許、幼稚園教諭一種免許、保育士資格が取得できます。

Q3 小学校の教員採用はとても難しいと聞きます。サポート体制はどのようになっていますか。

教員をめざす人のために、教員採用試験対策講座や理数系教科の専門力アップ科目を開講。教職課程センターのサポートとともに、きめ細かな教員採用試験対策指導を行います。

【教員採用試験対策】
将来の教員をめざす人のために、教職の授業以外に、次のような場を設けています。
①教員採用試験の個別指導やアドバイス。
②教職課程センター専門教員による『教職特別演習』幼保及び小学校1次、2次試験対策(模擬面接など)。
③理数系教科の教科専門力アップ科目「教職演習」。
④取得支援講座による採用試験対策講座【教職教養・小学校全科・人物評価試験】。
⑤体育実技個別集中指導。
⑥音楽学科と連携した、音楽学科学生によるピアノ個人レッスン。
⑦研究会などによる自主的学習活動と教員のサポート。
 
【教師力養成】
・京都府内での学校インターンシップや学校ボランティアへの参加
・各都道府県教育委員会実施の教育現場での体験実習や教師塾などへの参加

学校現場でこどもたちと直接触れ合い、先生の仕事を具体的に体験することで、自分の教職志望意志を固めることができます。また、採用後に少しでも即戦力として通用する能力を養うこともねらいとしています。何より、こどもたちと深い交流ができ、こどもたちの笑顔に元気をもらい、そして、小学校の先生方に実践の豊かさと深さを学んでいます。

Q4 小学校教員採用試験の合格率はどれくらいですか。

下記をクリックして確認してください。


Q5 地域のこどもと連携した取り組みはどのようなものがありますか。

現代こども学科学生プロジェクト「こどパ」は、学生が主体的に企画・運営するプロジェクト。学生たちが学ぶフィールドに地域のこどもたちを招き、今までの学びを実践する場を自らの手で創ろうと考えた学生たちの取り組みです。京田辺市に住むこどもたちとの新たな出会いと交流の場、楽しんで学べる場にと考えています。「こどパ」とは、「こども」と「パーティー、パッション、パラダイスetcの楽しい言葉」を組み合わせて名付けられたプロジェクトの理念を表す名称。

(過去の実績テーマ)
現代こども学科プロジェクトこどパ詳細

Q6 学外で学ぶフィールドワークのような機会はありますか。

現代こども学科では1年次必修科目「フィールドワーク入門」を配置、こどもにかかわる施設などに赴き体験から学ぶフィールドワーク(調査や実習)を重視しています。

(過去の実績)
フィールドワーク詳細

Q7 現代こども学科の主催する海外研修プログラムはありますか。

海外研修である「海外こども事情」は現代こども学科が実施する科目です。2年次以上(他学科も可)の学生が参加することができます。隔年で異なった国、タイ、台湾、ニュージーランドにそれぞれ海外研修が計画されています。

Q8 保育士養成課程は定員があり、オーバーした場合、選考があると聞いていますが、過去の実績はどうですか。

定員は50名です。保育士養成課程の希望者は、2019年度生29名、2018年度生37名、2017年度生44名、2016年度生20名で希望者全員が履修しています。

Q9 現代こども学科の施設はどのようなものがありますか。

創造的な指導力を育む最新の実習演習室を用意して、学生たちが体験的に学べる環境を整えています。こどもたちが授業を通じて発見し、創造性を発揮できるよう工夫された最新の実習室・演習室を設置し、将来の保育者、教育者に必要な指導力を養います。

Q10 ピアノやキーボード(鍵盤楽器)を練習する科目や施設はありますか。

2年次選択科目である「ピアノ奏法Ⅰ・Ⅱ」では、レベル別に実技向上をめざした指導を行っています。また、本学にはアップライト、電子ピアノを配備したピアノ練習室があり、学生は自由にピアノの練習をすることができます。さらに現代こども学科の学生は、音楽学科の学生から授業の空き時間を利用してピアノ練習室で個人レッスンを受けることも可能です。


現代こども学科