2019年度音楽学科公開講座 歌とヴィオールで旅するバロック時代のヨーロッパ  (バロック時代の装飾音とディミニューション)

2019/11/13

【日時】2019年10月23日(水) 15:00開始

【会場】本学京田辺キャンパス 頌啓館ホール

【講師】クレール・ルフィリアートル(ソプラノ)
             上村かおり(ヴィオール奏者)

今回の公開講座では、スペイン、イギリス、フランス、イタリアと、ヨーロッパ各国におけるバロック時代の楽曲について、レクチャーと演奏が行われました。

時代背景や思想が音楽に表れている様子など実演に基づいた解説があり、音楽を通じて各国の時代背景にもより理解を深めることが出来ました。また、両氏が奏でる美しい音色はホール全体に響きわたり、聴衆を包み込みました。

来場者数 約40名

191112_music_report1.jpg