大学院薬学研究科医療薬専攻 博士論文発表会

2019/01/22

大学院生3名による、博士論文発表会を行いました。

「医薬資源としての昆虫由来抗菌ペプチドに関する研究」、「幹細胞様ヒト乳癌細胞はマトリゲル上で血管擬態を惹起する」、「イミダゾリン誘導体の細胞内自食作用(オートファジー)誘導能に関する生化学的解析」のテーマで、それぞれ取り組んできた研究の集大成を発表しました。

大学院担当教授や院生、学部生など約60名の参加があり、発表後の質疑応答も活発に行われ、大変充実した発表会となりました。