ワークキャンプ

群馬県高崎市榛名(はるな)にある、社会福祉法人新生会において行います。入居高齢者に対する食事介助や散策介助などを通して、入居者、職員、参加者同士の交流を深め、また、ボランティアの精神を学びます。ワークキャンプ最終日には、新島襄ゆかりの日本基督教団安中教会や、新島旧宅を訪問します。募集は、5月下旬に宗教部の掲示板などで行います。

  • ワークキャンプ1
  • ワークキャンプ2

2017年度 ワークキャンプ

食事や散策の介助・居室訪問などのワークを通して、入居高齢者や職員の方との交流を深め、命の尊さや人の心の絆について学びます。

日程:9月4日(月)~10日(日)
場所:社会福祉法人新生会(群馬県)

ワークキャンプ報告集

ワークキャンプ報告集
参加者の感想など掲載しています。
(宗教部事務室等で配布しています。)

夏季休暇を利用して群馬県の新生会で行う、ワークキャンプの参加者を募ります。ワークとは奉仕を意味し、キャンプとはその参加者全員、グループ、仲間を表します。これはただのボランティアではありません。なぜそう言えるかは、毎年宗教部が発行している『ワークキャンプ報告集』をお読みいただければ分かります。百聞は一見に如かず。ぜひご参加ください。


日時 2017年9月4日(月)~10日(日) 6泊7日
場所 社会福祉法人 新生会
(群馬県高崎市榛名町)
申込受付 5月22日(月)~6月7日(水) 予定                    
※教育実習中の場合は5月22日(月)までに宗教部事務室へ申し出てください。
募集人数 本学在学生 20名程度
プログラム内容 「榛名憩の園」「恵泉園」「新生の園」「エンジェルホーム」などいくつかのホームに分かれてワークします。 
寝たきりの方、元気に散歩に行ける方、認知症の方など、さまざまな入居者の方が新生会で生活されています。
新生会の理事の先生がたやワーカーの方から直に福祉のことを学びます。毎夜ふりかえりの時間ではそれぞれの園(施設)での経験を話し合います。
最終日には安中教会、新島旧宅を訪問します。
説明会 5月下旬
抽選日(参加者決定) 6月9日(金)予定
※応募者多数の場合は抽選となることがあります。
参加費納入期間 6月12日(月)~23日(金)予定
参加費 25,000円(食費・宿泊費・往路交通費込み)
※復路交通費は自己負担です。
(研修会費、会場使用料等は大学が負担します。)

オリエンテーション
※必ずご参加ください

詳しい日程は、決まり次第参加者にお知らせいたします。

第1回
各キャンパスで
6月ごろ
第2回 今出川で合同オリテ:8月初旬
第3回 今出川で合同オリテ:8月末ごろ

ワークキャンプの生みの親であり引率者の宮本義信先生(人間生活学科教授)の言葉を借りれば、この新生会は一つの「村(コミュニティ)」です。大学のキャンパスほどに広い敷地は豊かな自然に囲まれています。その「村」には500人いれば500通りのさまざまな経歴、趣味、個性を持つ「人生の大先輩」が暮らしておられます。今年で25回目になるこのプログラム。今年も「同女の学生さん」が訪れるのを皆さま楽しみに待っていてくださいます。命のこと、人と人とのつながりについて考える有意義な夏をすごしてみませんか。

学生の声

K.Kさん 生活科学部 食物栄養科学科 管理栄養士専攻 卒業
ワークキャンプというのは、群馬県高崎市にある高齢者福祉施設、新生会で夏休み中に1週間ワークを行い、命の尊さや人の心の絆について学ぶという宗教部主催のイベントです。1週間、参加者みんなで新生会のボランティア寮で生活しながらワークを行います。ワークの主な内容は、掃除や食事の時間のお茶配り、洗濯など職員の方のお手伝いや居室訪問などです。私は2年次、3年次と2年連続でこのワークキャンプに参加し、ワークを通してたくさんの入居者の方から人生において大切なことを学びました。また、この1週間で改めて自分と向き合うこともでき、とても貴重な1週間になりました。みなさんも是非、このワークキャンプに参加することをお勧めします。


学生生活

宗教部年間テーマ
●2017年度●
「ともに泣き、ともに喜ぶ
―他なる<あなた>を想うこと―」
お問い合わせ
宗教部
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8471
今出川キャンパス
TEL:075-251-4141