1. 同志社女子大学ホーム
  2. 研究活動
  3. 公的研究費等の不正防止に関する基本方針

研究活動

公的研究費等の不正防止に関する基本方針

同志社女子大学における公的研究費等の不正防止に関する基本方針

同志社女子大学では、平成19年2月15日付(平成26年2月18日改正)文部科学大臣決定「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に従って、公的研究費を適正に運営・管理し、不正な使用を防止することを目的として、基本方針を定めました。  
以下の不正防止体制と不正防止計画に基づき、公的研究費の運営・管理について信頼性と公平性を確保し、学術研究を通じて社会貢献に努めてまいります。

(定義)
本学における「公的研究費」は、次のものを指します。
(1)  上記ガイドラインで適用対象とされている公的研究費
(2)   (1) の他、国や各省庁が所管する独立行政法人及び地方公共団体等が特定の教育研究活動に対して配分する
       公的資金

2015年4月 学長 加賀 裕郎           

1.機関内の責任体制の明確化

学長は、最高管理責任者として全学を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負います。また、教育・研究推進センター所長は、統括管理責任者として最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理についての実質的な責任を負い、機関全体を統括します。さらに、学部・研究科の長は、コンプライアンス推進責任者として各学部・研究科における所属教員の公的研究費の運営・管理について実質的な責任を負います。
本学における各責任者等の責任範囲と権限、及び運営・管理体制は次のとおりです。

2.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

事務処理に関する職務権限やルールを明確化し、周知します。また、コンプライアンス教育を確実に実施し、不正使用防止対策に関する関係者の意識を向上させ、抑止機能を備えた環境を構築します。

・ 科学研究費助成事業に関する説明会

3.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

不正を発生させる要因に対応した具体的な不正防止計画を策定し、関係部署が連携して、実効性のある対策を実施します。

4.公的研究費の適正な運営・管理活動

物品等の購入に係る不正を防止するため、一定金額以上の物品等の発注及び納品時の検収を事務部門が実施します。
また、不正な取引に関与した業者に対しては取引停止等を含む処分を科す旨を定め、公的研究費の適正な運営・管理を行います。

5.情報発信・共有化の推進

公的研究費の使用ルール等についての相談や不正使用等に関する告発を受け付ける「窓口」を設置します。

お問い合わせ窓口
同志社女子大学 学術情報部 学術研究支援課
電話 (0774)65-8679
FAX (0774)65-8680
メールアドレス kenkyu-t@dwc.doshisha.ac.jp
事務取扱時間 9:00~18:30(水曜日および休暇期間中・休講日は9:00~17:00)
11:30~12:30は閉室。【土曜日・日曜日・祝日】閉室。

6.モニタリングの実施

公的研究費の適正な運営・管理を徹底するため、法人監査室と連携の上、実効性のあるモニタリング体制を整備します。

(参考)

Get ADOBE READER

この書類を閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらへ。


研究活動

  • 研究者データベース
  • 産官学連携
お問い合わせ
学術情報部
学術研究支援課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8679
今出川キャンパス
TEL:075-251-4149