1. 同志社女子大学ホーム
  2. ニュース一覧
  3. 2016年度
  4. 平成28年台風10号による被害に伴う入学検定料・入学金の免除及び学費減免の特別措置について

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス詳細

一覧へ戻る

平成28年台風10号による被害に伴う入学検定料・入学金の免除及び学費減免の特別措置について

2016/09/08

2016年8月の台風10号により被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
同志社女子大学では、この台風に係る災害救助法適用地域に関して、申請に基づき、罹災の状況によって以下のとおり特別措置を講じます。

 

1.対象地域(法適用日8月30日)

【北海道】
帯広市、空知郡南富良野町、河東郡音更町、河東郡士幌町、河東郡上士幌町、河東郡鹿追町、上川郡新得町、上川郡清水町、河西郡芽室町、河西郡中札内村、河西郡更別村、広尾郡大樹町、広尾郡広尾町、中川郡幕別町、中川郡池田町、中川郡豊頃町、中川郡本別町、足寄郡足寄町、足寄郡陸別町、十勝郡浦幌町

【岩手県】
盛岡市、宮古市、久慈市、遠野市、釜石市、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡田野畑村、下閉伊郡普代村、九戸郡軽米町、九戸郡野田村、二戸郡一戸町

 

2.対象者

災害救助法適用地域において被災された世帯のうち、本学学生(学部、大学院、専攻科)又は本学受験生(学部、大学院、専攻科)で、以下に該当する方を対象とします。

(1)災害によりご父母のいずれかが亡くなられた方。
(2)家計支持者がご父母以外の場合、災害により家計支持者が亡くなられた方。
(3)災害によりご父母のいずれかが負傷され、入院し、長期加療が必要な方。
(4)家計支持者がご父母以外の場合、災害により家計支持者が負傷され、入院し長期加療が必要な方。
(5)災害により家計支持者の居住する家屋が消失した場合、又は損壊により引き続き同家屋に居住することが困難と認められる方。
(6)その他災害により学費支弁が著しく困難となったと認められる方。

 

3.特別措置

【在学生】
2016年度秋学期学費のうち授業料の半額を免除します。

【受験生】
被災時以降実施の2017年度入学試験に係る受験生に対して、入学検定料を全額免除します。また、2017年度入学試験の合格者に対して、入学金全額と2017年度春学期学費のうち授業料の半額を免除します。

 

4.申請について

【在学生】※詳細については、学生支援課にお問い合わせください。
① 学費減免申請書(本学所定用紙)
② 被災状況証明書等(「診断書」「罹災証明書」等)

【受験生】※詳細については、広報部入学課にお問い合わせください。
① 被災者特別措置申請書(本学所定用紙)
② 被災状況証明書等(「診断書」「罹災証明書」等)

*原則として、各入学試験の出願期間開始日までに、必要書類を同志社女子大学広報部入学課まで提出してください。申請書類に基づき審査を行い、結果を申請書記載の本人連絡先住所に文書で送付します。
*上記申請期限以降でも被災者特別措置申請の受付を行います。また、すでに入学検定料等を納められた場合でも返還に応じます。ただし、各入学試験の出願期間の延長は行いません。

 

5.その他
詳細については、在学生は学生支援課、受験生は広報部入学課にお問い合わせください。

 

■同志社女子大学 学生支援課
京田辺キャンパス (0774)65-8414              
今出川キャンパス (075)251‐4132

同志社女子大学 広報部入学課
京田辺キャンパス (0774)65-8811