1. 同志社女子大学ホーム
  2. ラーニング・コモンズ
  3. ラーニング・コモンズとは

ラーニング・コモンズ

ラーニング・コモンズとは

グループで何かについて議論したり、プレゼンテーションの準備をしたりする際に、場所に困ったことはありませんか。
まとめ上げたレポートや、作った作品を他の人にも見てもらいたいと思ったことはありませんか。
他の学生がどのような勉強をしているのか、気になったことはありませんか。
何か新しいことについて知る機会や自分のスキルアップにつながるようなワークショップに、気軽に参加したいと思ったことはありませんか。
あるいは、居心地の良い空間でゆっくりとコーヒーでも飲みながら、勉強したいと感じたことはありませんか。

こういった皆さんの「思い」に応える場所、それがラーニング・コモンズです。
「学生のための創造的学習空間」であり、わかりやすく言うと「何かおもしろそうなことを自由にやってみることのできる空間」と言えるかもしれません。

「様々な人や知識や考え方に触れることで、これまでには思いつかなかったようなアイデアに気づき、人と共有することでそのアイデアをさらに膨らませ、自分の中の可能性を確かなカタチあるものに練り上げる。」
一人ひとりが自分の興味や目的に応じて、自分のやり方で、そんな体験ができる仕掛けがラーニング・コモンズには用意されています。
どんなことでも、まずはラーニング・コモンズでやってみましょう!

コンセプト

創造性

・知識を活用し前例のないことに創造的なアイデアを出し合う。

可視性・相乗効果

・壁をなくし、ガラス張りにすることで、他の人の学修行動を見聞きすることで生まれる刺激によって、互いの学習効果を高める。

メタ認知

・イベントエリア部分が吹き抜けになっているのは、2階から見物するためではなく、メタ認知と言って、高い位置から自分たちの活動を対象化して見ることで、新たな気づきを得るため。

ワクワク

・自然に集まって何かをしたくなるようなワクワクする学びの空間。

交流

・学部学科、学年を越えた学生交流のステージ。

フレキシビリティ

・可動式の机や椅子を用いて、状況に応じて変えられる環境。

アメニティ

・飲食を伴ったコミュニケーションを可能にするなど、居心地の良さを大切にする。