学校ボランティア

教職課程センターでは、教育委員会・教育局の学校ボランティア事業に協力し、教職をめざす学生の皆さんに「教育実習」とは別に幼稚園・小学校・中学校の教育現場でボランティア活動を通して体験しながら学んでいくことのできる環境を整備しています。教職をめざす皆さんにとっては、キャンパス内の授業で得た知識・技能を確認・実践できる機会です。幼稚園、小学校または中学校の子どもたちの学習や生活を支援しながら、教育現場の実態を学ぶことのできる貴重な機会となるでしょう。教育活動の体験を通して、あなたの可能性を広げてください。

学校ボランティア事業活動実績

  • 京都府教育委員会 「大学生教育ボランティア」学習支援事業
  • 京都市教育委員会 「学生ボランティア」学校サポート事業
  • 京都府山城教育局 「やましろ未来っ子」支援事業
  • 京都府南丹教育局 「南丹まなびサポーター」南丹まなびサポート事業
  • 長岡京市立学校 「学生ボランティア」
  • 京田辺市教育委員会 「学校支援ボランティア」事業
  • 京田辺市 「保育所学生ボランティア」事業
  • 大阪府学生ボランティア事業(市町村ごとに希望をとっています)
  • 大阪市教育委員会 「学校支援学生ボランティア」事業
  • 天理市教育委員会 「ASSIST 事業」(学校支援学生ボランティア事業)
  • 守口市「学習支援サポーター」
  • 神戸市教育委員会「学生スクールサポーター」制度
  • 奈良市教育委員会 「奈良市学校教育活動支援スクールサポート」制度
  • 生駒市教育委員会 「まなびのサポート」制度
  • 滋賀県立教育委員会 「滋賀県スクールサポーター派遣」制度
  • その他(母校や実習校での個人で開拓するボランティア)

※ボランティア活動の募集などがない地域での活動を希望する場合は、活動ができるかどうか教育委員会へ問い合わせをし、確認することができます。すでにボランティアをする学校園が決まっている場合は、その旨を教職課程センター係員に伝えます。学校ボランティアはいかなる場合でも「紹介書」や他書類の発行が必要です。

学校ボランティア登録方法

学校ボランティア活動の紹介書とは

紹介書は学生がボランティア活動を行っていることを大学側が把握しているという証明です。この紹介書および活動登録用紙がなければ、万が一ボランティア活動中にケガや事故などをした時やさせてしまった時に、学生教育研究災害傷害保険・学研災付帯賠償責任保険の適用の対象となりません。(紹介書は年度が替わるごとに発行する必要がありますので、年度をまたいで活動する場合は、紹介書の再発行を依頼してください。)

学生教育研究災害傷害保険・学研災付帯賠償責任保険とは

本学では、教育研究活動中の災害傷害事故への対応として、全学生を対象として「学生教育研究災害傷害保険」および「学研災付帯賠償責任保険」に加入しています。(保険料は大学が負担)。教職課程センターで所定の手続きを行うことにより学校行事と認められた場合、学校ボランティア活動も保険の適用対象となります。個人で活動先を探した場合でも、教職課程センターでの手続きが必要です。保険の概要は入学時に配布される「学生生活のしおり」を参照してください。さらに詳しい情報については、学生課で「加入者のしおり」を受け取ってください。

学校ボランティア活動までの手続き

  1. ・どこの地域で活動をしたいのか考える。(教職課程センターの掲示板などを参考にします。自主開拓OK)
  2. ・希望地域を教職課程センター係員に伝え、ボランティア活動登録用紙を書く。すぐに活動が始められる自治体へのボランティアの場合は、教職課程センターから紹介書を発行し、活動開始までの流れを確認する。
学生が行う手続き
  1. ① 学生が教育委員会、あるいは学校へ電話連絡し、アポイントをとる。
  2. ② 教育委員会、あるいは学校へ出向き面談を受ける。
  3. ③ 活動校、活動開始日、曜日等が決定する。
  4. ④ 活動開始。

キャリア・資格

お問い合わせ
免許・資格課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8488
今出川キャンパス
TEL:075-251-4166