情報メディア学科プログラム

イタリア(ヴェネツィア)、フランス(パリ)にて研修。
中世から現代に至る美術作品の数々に触れ、ヨーロッパにおける美的表現の変遷を概観する中で、各時代の主要作品における表現メディア、表現内容、表現形式の多様性についての理解を深めます。またこれらの作品がどのように情報化されているか、WEBや書籍による情報化美術館・博物館における展示形式など、多様なメディアとの関わりについて学びます。今回のプログラムでは、以上のようなヨーロッパの芸術文化の見聞と並行して、メディアアートの手法を用いた作品制作ワークショップを展開します。自ら創作し発信する立場として能動的に関わることによって、ヨーロッパの芸術文化のいっそう深い理解を促すとともに、現地のアーティストたちとの双方向的なコミュニケーション活動を通じて、ダイナミックな文化交流としての学びを体験することが目的である。

【研修期間】
2017年9月1日(金)~9月13日(水)[13日間]
【募集期間】
2017年4月18日(火)~5月8日(月)18:30まで
【応募書類】
1)申込書  2)課題作文
配布場所 : 国際課
【応募方法】
上記応募書類を、期日までに国際交流センターに提出してください。
申込書、課題作文および面接により選考します。
【面接日】
2017年5月13日(土)
  • 情報メディア学科プログラム写真
  • 情報メディア学科プログラム写真
  • 情報メディア学科プログラム写真
参加費用 340,000円 (予定)
募集人数 30名程度 (最少催行人数25名)
応募資格 全学部・学科 2年次生以上
滞在方法 ホテル
科目名・単位数 「情報メディア系海外事情」・2単位
(※科目区分は学科により異なる。他学科生履修可)
引率者 森公一 教授、松谷容作助教
本学からの補助金

Get ADOBE READER

この書類を閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらへ。


過年度実施報告


国際交流プログラム

お問い合わせ
国際課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8458
今出川キャンパス
TEL:075-251-4158