健康保険制度

国民健康保険

国民健康保険は皆さんが病気やけがをした時に、国、地方自治体および個人が医療費を分担し、経済的な心配をすることなく医者にかかれることを目的とした医療保険制度の1つです。日本に3ヶ月以上滞在し、在留資格「留学」を有する学生はすべて国民健康保険に加入することが義務付けられているだけでなく、留学生の皆さんの意思により任意に脱退することもできません。
(ただし、家族などが日本の国家公務員もしくは地方公務員または会社員等で、その扶養者として共済組合や健康保険に加入している場合は、あらためて国民健康保険に加入する必要はありません。)
加入に際しては保険料が必要ですが、医療機関にかかった場合、健康保険法の適用を受ける医療費総額のうち、3割を支払うだけで診療または薬剤を受け取ることができます。残り7割の医療費は、国民健康保険が負担します。(ただし、保険の対象外の医療(健康診断・美容整形等)もあります。)

1.加入方法

皆さんが住居地の届出を行った市(区)役所の国民健康保険係の窓口へ在留カードを持参し加入の手続きを行えば、被保険者証が交付されます。
日本国内において健康保険を取り扱う医療機関で診断を受ける際には、必ずこの被保険者証を持参してください。

なお、次の場合、14日以内に住居地の市(区)役所に届出てください。

  • ・住所が変わったとき
  • ・留学期間が終了し、帰国する時
  • ・保険証をなくしたとき
2.保険料

国民健康保険への加入にあたっては、月々の保険料が必要となります。保険料は住んでいる市町村によって異なります。
保険料の支払いは、口座振替、または納付書により銀行やコンビニエンスストアで支払う方法があります。期限内に必ず納めてください。

3.京都市留学生国保補助

京都市内に居住する留学生に対し、留学中における健康上の不安を取り除くこと、学習成果の向上を目的として、国民健康保険料の補助金が支給されます。

補助金額 1人 月額700円 ※半年単位で1月と7月に支給されます。月割支給はされません。
補助対象者
  • ・補助金支給日まで継続して京都市内に居住していること
  • ・京都市内の大学に在学していること
  • ・日本政府からの奨学金を受給していない私費留学生であること
  • ・在留資格が「留学」であること
  • ・京都市の国民健康保険に6カ月以上加入し、国民健康保険料を納めていること
補助金支給期間・時期 4月から翌年3月までの1年間(4月から9月、10月~翌年3月の2期)  

9月申請者は、1月31日(1回目)、7月15日(2回目)に支給。
3月申請者は、7月15日に支給。

※ただし、補助期間途中で補助資格を喪失した場合(京都市外に引っ越した場合など)は、資格喪失日の属する期は補助対象外となります。

※支給時期に京都市国民健康保険に加入していれば、すでに卒業していても、補助金は支給されます。

申請期間 支給日 下記の申請期間中に、(財)京都市国際交流協会のホームページにて申し込んでください。
●定期申請
    申請・提出期間 支給日
新規申請 ○4月入学 9/1~9/30 1月
○在学生で新規に申請する場合
継続申請 ○引き続き申請する場合
●追加申請
    申請・提出期間 支給日
新規申請 ○定期申請期間に申請できなかった場合 3/1~3/31 7月
継続申請 ○定期申請期間に申請できなかった場合
国際交流センターへの
提出書類
  • ○銀行口座振込依頼書
  • 補助金を振り込む金融機関は「ゆうちょ銀行」でなければなりません。
    必ず、申請前に「ゆうちょ銀行」の口座を開設してください。
  • (※平成24年度2期より、補助金を振り込む金融機関は「京都中央信用金庫」から「ゆうちょ銀行」へ変更となりました。)
  • ○国民健康保険被保険者証台紙
  • 有効期限が「平成○○年11月30日」であること。
  • ○京都市国際交流協会ホームページ上での申請完了画面をプリントアウトしたもの
注意事項
  • ○「京都市外国人留学生国民健康保険料補助事業」の規定に基づき、下記に該当する留学生には補助金は支給されませんのでご注意ください。
    • ・1月支給のための審査:当年の1期から5期分の保険料納付額が1/2に満たない場合
    • ・7月支給のための審査:前年の6期から10期分の保険料納付額が1/2に満たない場合
  • ○必ず納付期限を守ってください。
  • ○コンビニや郵便局で保険料を振り込んだ場合、情報の更新に最長で3ヶ月程度かかります。口座振替を利用してください。
4. 海外でかかった医療費の取り扱い

国民健康保険加入者が、旅行や本国への帰国など、海外あるいは本国滞在中に病気やけがで治療を受けた場合には、日本に再入国して診療内容明細書等を国民健康保険の窓口に提出し申請すれば、支払った金額のうち、保険給付対象分の金額の範囲で支給を受けることができます。

<手続き>
海外で病気やけがをして医療機関にかかる
 ↓
海外の医療機関でかかった金額をいったん本人が全額支払う
 ↓
医療機関で下記書類を書いてもらう
  • 1.診療内容明細書
  • 2.領収書明細書
  • 3.翻訳依頼書
帰国後、各市(区)役所の国民健康保険課に提出する
 ↓
保険給付分が払い戻される
  • ※海外医療機関で発行された証明書類が外国語で作成されている場合には、日本語の翻訳文を添付することが義務付けられています。
  • ※日本国内での保健医療機関等で給付される場合を標準として支払われます。
  • ※日本国内で保険適用となっていない医療行為は給付の対象になりません。
【問い合わせ】
保険料や、保険料の減額その他国民健康保険に関する詳細については、各市(区)役所の国民健康保険課にお問い合わせください。

国際交流プログラム

お問い合わせ
国際課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8458
今出川キャンパス
TEL:075-251-4158