授業紹介

古典から近代に至る日本文学作品を読み、それらの世界を探究する授業や、現代日本語の構造・活用法を考察する授業、さらに日本語の教育者としての技術や指導法を習得する授業など、そのジャンルは広範にわたります。

※インタビュー内容は取材当時のものです。

  • 基礎リテラシー
    基礎リテラシー
  • 編集Ⅰ・Ⅱ
    編集技術Ⅰ・Ⅱ
  • 平安文献講読
    平安文献講読

京ことば

京都のことばを、御所ことば、町家ことば、舞妓ことばを基にした中心的な「都」の古典語としてとらえ、現代に残る語彙・文法・音声的な特徴について考えます。

作家研究 A~F

夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、太宰治、川端康成、村上春樹など、著名な作家の創作の秘密を掘り下げ、明治から現代までの傑作の魅力に迫ります。


日本語の構造A~G

「文法」「語彙」「音声」「表記」の各面からアプローチ。「どうして"な"や"ら"に濁点はつかないか」など、疑問に答えられるよう基本的な考え方や分析方法を身につけます。

日本語指導A・B

外国人への日本語指導を体験し、日本語教師をめざして実践を積みます。海外の指定大学や学内外の指定機関で20時間以上の日本語指導をし、成果を授業で発表します。


学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
  • 日本語日本文学会
お問い合わせ
日本語日本文学科事務室
今出川キャンパス
TEL:075-251-4106