ゼミ・研究テーマ紹介

本学科の学びの基本領域である文学・文化・言語・コミュニケーション、それぞれの領域をさらに専門的に掘り下げる、個性豊かなゼミを豊富に開講。学びたいテーマを追求しながら英語力をさらに高めます。

※インタビュー内容は取材当時のものです。

PICK UPゼミ

Juliet W. CARPENTERゼミ

Translation Studies: The Art of Subtitling

In my Senior Seminar, we use film subtitles as a key to understanding the possibilities and limitations of translation.Because subtitles are limited in time and space, they pose special challenges for the translator. Cultural differences are another ever-present hurdle in making subtitles that are enjoyable and easy to understand. Above all, the translator needs not only a good command of English but a high level of ability in her own language. In our class we devote the first semester to putting subtitles on episodes of old American T.V. shows. In the second semester, each student works on an individual project.

medlockゼミ

ゼミ生の声

考える楽しさを実感しながら、字幕制作の奥深さに触れる。
H.Sさん
英語英文学科 4年次生 大阪府出身
入学当初から翻訳や通訳に興味があり、『坂の上の雲』や『サラダ記念日』など数々のベストセラー作品の翻訳をされた世界的に有名なCarpenter先生のゼミを選択。映画字幕の制作を通して、字幕制作の知識やスキルを修得しています。「1秒4文字」という字幕ルールに合わせて長さを調整し、時代に合った表現を考えます。特にコメディ映画の字幕制作は、日本と海外で異なる笑いのツボを、どのように訳せば同じ笑いにできるかという点で難しさの中にも楽しさを実感。学べば学ぶほど、字幕制作の魅力である「考える楽しさ」が深まっていきます。

T.L.Medlockゼミ

Performance Studies

私自身の研究テーマは、演劇論。これを主軸に展開し、演劇を通してイギリス文学を深求することを本ゼミのテーマとしています。具体的には3年次、4年次ともに、まず春学期には優れた芝居を読んで、その作品の重要なテーマについて考えディスカッションします。秋学期には同じ作品からいくつかの場面を実際に演じる練習をして、作品を脚案した映画を鑑賞したうえで、最終的には上演します。このプロセスにおいて大切なのは、物語の中で役者がどのように情景や心情を描写し、表現しているかを読み解くことです。イギリス文学作品の中の代表的な登場人物をゼミ生自身が演じるという体験を通じて、英語による表現力を伸ばし、また登場人物たちの人格や、彼らが抱えているジレンマについて、よりいっそう理解を深めることがねらいです。

medlockゼミ

ゼミ生の声

最高のパフォーマンスのために
団結して作品と向き合う。
M.Nさん
英語英文学科 4年次生 大阪府出身
英米文学作品の演劇について研究するゼミで、卒業研究発表としてOscar WildeのThe Importance of Being Earnest という作品の演劇を行います。台詞を日本語にすることに始まり、役になりきるためにキャラクターになりきって日記を書くなど、作品の本質を表現できるよう奮闘しています。一人ではできない研究なので、ゼミ生みんなが毎回のゼミを大切に、団結して作品に取り組む毎日です。

今井ゼミ

「ことば」について知識を深めることは、自分自身を知ること。

ふだん、自然に聞き、話していることばが 「なぜそういう発音になったか」「どうしてそう言うのか」を説明できることは楽しく、ひいては自分自身を知ることにもつながります。言語を操るということがいかに複雑で、神秘的なものかを知る「わくわく感」を味わってほしいです。

今井ゼミ

ゼミ生の声

英語と日本語の音声の共通点や
法則に興味。
Y.Mさん
英語英文学科 3年次生 和歌山県出身
2年次に履修した授業で音声学に興味を持ち、もっと深く知りたいと、このゼミを選びました。英語と日本語の音声をテーマに学んでいます。たとえば「ん」と書いてしまう音には厳密には「n」「m」「ŋ」の音があり、後続音が何であるかで口のかたちは自然に変わります。今まで無意識に発音していた日本語にも、英語にあるような音変化があることを知りました。音声とは不思議なもの、たくさんの発見があります。

玉田ゼミ

女性作家が描くヒロイン像。
その、普遍の魅力を探っていきます。

イギリスの作家、ジェイン・オースティンの作品について考察。古き良き時代のイギリスに生きたヒロインたちの人生を、読むことによって疑似体験しながら、自分ならどうするかを考えます。作品を通して、学生たちにとって将来の生き方を考えるきっかけになってくれればと思います。

玉田ゼミ

ゼミ生の声

ヒロインたちの人生観や結婚観を通して
19世紀イギリスを知る。
W.Nさん
英語英文学科 4年次生 奈良県出身
さまざまな角度から英語を学ぶなかで一番好きだと感じた英文学。そこに描かれる女性像について、その人間的成長をテーマに研究しています。19世紀イギリスの時代背景と、当時の女性たちの結婚観や人生観を知ることができるのは、非常に興味深いです。

松村ゼミ

「人生のヒント」が読み取れるときの喜びは格別です。

英米の文学作品のほとんどは、悪戦苦闘して読み終えても最後に「何を言いたかったのだろう」と頭を抱えてしまうことも少なくありません。それは、作品の舞台となる社会背景や難解な単語・構文が理解できていないことが原因です。ゼミでは、作家や作品の背景を探り、アメリカ小説の意味を検証します。今の自分に照らし合わせて、登場人物の心情や生き方を理解できたときの喜びを、ぜひ味わってください。

松村ゼミ

ゼミ生の声

K.Aさん 英語英文学科 4年次生 滋賀県出身

XXさん
英語英文学科 4年次生 滋賀県出身
文豪E.ヘミングウェイの作品を題材に、「作者から見た戦争」について考察しています。苦戦しつつも原文を読み、オリジナルならではの表現のおもしろさを発見するのが楽しいです。作者の生涯や社会状況にまで迫ることで、作品の理解もいっそう深まりました。

風間ゼミ

一つの文学作品から、いかに多くのことを学べるかを体感します。

イギリスの19世紀の小説『ジェイン・エア』を文化研究の材料とします。「ジェンダー」というキーワードを念頭におきながら、19世紀イギリスの女性文化について学習します。テーマに沿って文献を調べ、小説との照合を行うことで、多面的で深い研究になるよう授業を進めていきます。19世紀のイギリスは、女性が活躍した時代。女性である学生たちが生き方のヒントをつかんでくれたらと題材を選びました。一つの文学作品から、いかに多くのことを学びとることができるかを体感してほしいと考えています。

風間ゼミ

ゼミ生の声

T.Sさん 英語英文学科 3年次生 奈良県出身

T.Sさん
英語英文学科 3年次生 奈良県出身
イギリスの小説家、シャーロット・ブロンテの名作『ジェイン・エア』を取り上げ、当時のイギリス社会や文化、そしてジェンダー問題について研究しています。今を生きる私たちとはかけ離れた当時の女性たちの物事のとらえ方に触れたことで、私自身の視野が大きく広がったと感じます。

北尾ゼミ

日常生活でも、非言語コミュニケーションを意識してみましょう。

多くの人はあまり意識していませんが、言葉以外のすべてのコミュニケーションはNon-Verbal communication(非言語コミュニケーション)です。例えば人と人との間隔なら、だんだん近づく・離れることでどう感じるかなどを、体験しながら検証します。卒業研究のテーマには、日本女性と韓国女性のボディータッチの仕方の違いや、声のトーンや音程、話す速さで変化する印象の違いなどが選ばれています。日常生活においても非言語コミュニケーションに目を向けると、興味深い発見がありますよ。

北尾ゼミ

ゼミ生の声

Y.Hさん 英語英文学科 4年次生 徳島県出身

Y.Hさん
英語英文学科 4年次生 徳島県出身
2年次の必修授業でコミュニケーションの大切さに触れ、このゼミを選択。言葉だけでなく、なにげない仕草にもいろんな意味があることが発見でき、とてもおもしろいです。グループワークが多く、みんなで協力し合いながら研究が進められるのも、このゼミの魅力ですね。

卒業研究テーマ一例


2016年度

文学
  • ・『高慢と偏見』にみる第一印象の重要性と恋愛に与える影響
    ・「食」から読む『嵐が丘』
    ・ A study of Detective Stories and Twelve Suspects in Murder on the Orient Express
    ・ 映画『PAN―ネバーランド、夢のはじまり』にみるファンタジー文学の死生観-永遠を求める人びとをめぐって-
コミュニケーション
  • ・ Differences between Japanese College Women’s Relationships with their Mothers and with their Friends
    ・ Results of the essential elements of a close friendship in males and females
    ・ Self-disclosure in development of relationship
    ・ The differences of communication characteristics between only children and oldest siblings
文化
  • ・ ディズニーカンパニーとブロードウェイ-ミュージカル復興への影響-
    ・ アメリカでの同性愛の歴史~同性結婚合法化に至るまでの50年間、そして今後のアメリカのLGBTはどうなっていくのだろうか~
    ・ 『秘密の花園』からみる環境が与える心身への影響
    ・ カナディアンウィスキーを通してみる加米関係の変遷-禁酒法時代を中心に-
言語
  • ・ British Culture in Harry Potter Subtitles: Exploring the Source of the Series’ Popularity
    ・ Give a special surprise in English class ‒What English classes allow students to enjoy themselves in the classroom?
    ・ 日本人から見る英語発音-ネイティブ・ライクな発音とそうでない発音のボーダーを探す-
    ・ 若者ことばにおけるイントネーション-「語尾上げ」に焦点を当てて-

2015年度

文学
  • ・『 高慢と偏見』にみるJane Austenの緻密な工夫 ~Elizabethが恋に落ちるまで~
    ・ The Presence of Grace in Hemingway's Early Fiction
    ・ Suffering for Love in The Great Gatsby and The Sun Also Rises
コミュニケーション
  • ・ 日本語母語話者の英語使用場面における会話表現や心境の変化
    ―異文化体験を通した円滑なコミュニケーション方法―
    ・ How Can We Establish Stronger Relationships Based on Features of Expressing Emotions
    ・ Conflict Resolutions In Close Friendship:Comparing Men and Women
文化
  • ・ ニューヨークから教わる女性と職~幸せのルール~
    ・ 黒人差別がなくならない理由とは~黒人初の大統領を生んだアメリカの現在~
    ・ イギリス食文化と階級社会
    ・ カナダと日本の受け入れ態勢からみる難民問題
    ・ 映画『ジェニーの肖像』にみるアイルランド ―歴史とケルト精神をめぐって―
言語
  • ・ Can We Really Enjoy Humor in Foreign Films?
    A Comparative Study of the Role of Subtitles and Dubbing in Disney Movie Tangled
    ・ Marry Me: Proposals in American and English Films from 1980s to Now
    ・ Learning English is a Box of Chocolates Which Time Slot is the Prime Time for Studying English at School?
    ・ Nice to Meet" Me!" To Find Your Unknown Potential in English Learning
    ・ 洋楽を使用した発音学習の有効性 ―英語学習に用いられる洋楽の特徴について―

2014年度

文学
  • ・ 「 ハリー・ポッター」シリーズにみる差別への告発
    ―屋敷しもべ妖精ドビーとハーマイオニーを中心に―
    ・ 『 高慢と偏見』からみる恋愛心理学
    ・ 『 風と共に去りぬ』 ―スカーレット・オハラはサザンベルか―
    ・ The Dangers of Marriage in Hemingway's Life of Fiction
コミュニケーション
  • ・ How does the first impression influence to romantic relationships?
    ・ 手話を言語とするろう者とのコミュニケーションにおける表情の役割
    ・ Influence "You messages" and "I messages" on responces to a request and perceptions of the speaker.
    ・ Perceptions of speakers of Osaka dialect and Standard Japanese.
文化
  • ・ ガーデンショーからみるイギリス式庭園の歴史
    ・ カナダ国旗の変遷 ~メープルリーフになるまで~
    ・ アメリカ社会に溶け込むユダヤ移民
    ・ リンカーンは本当に偉大な大統領? ~A Legacy of freedom~
言語
  • ・ 高等学校での英語学習における音読の効果 ~正しい意味の捉え方と構音運動との相関性~
    ・ プレゼンテーション必勝法 ―スティーブ・ジョブズから学ぶ聴衆の惹きつけ方―
    ・ OH CHAPTAIN, MY CHAPTAIN:TEACHERS' CHARACTERISTICS THAT AFFECT ENGLISH LEARNING
    ・ CITY VS. COUNTRY THE RELATIONSHIP BETWEEN LEARNERS' PERSONALITIES AND THE ENVIRONMENTS
    ・ Translating the British Class System and Use of Language in My Fair Lady: An Analysis of Japanese Subtitles

このページの先頭へ


学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
  • 英語英文学会
お問い合わせ
英語英文学科事務室
今出川キャンパス
TEL:075-251-4103