看護学専攻教育方針

「看護学専攻」に戻る

教育方針

■ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

看護学研究科 看護学専攻 修士課程は, 全学共通の学位授与の方針に基づき, 知識・理解, 関心・意欲・態度, 表現・技能・能力に関して, 次の基準に達している者に修士(看護学)の学位を授与する。

【知識・理解】
  • 専門領域における看護実践の発展に貢献できる広範かつ深い知識と理解力を修得している。
【関心・意欲・態度】
  • 看護学の発展と探究や健康・福祉の向上のために、主体的かつ継続的に課題解決に取り組む態度を有している。
  • 専門職としての高度な職業倫理を有し、看護実践能力を向上しようとする意欲を有している。
【表現・技能・能力】
  • 理論と実践を統合して看護現象を探求できる基礎的な研究能力を有している。
  • エビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を有している。
  • 助産学実践分野を履修する学生は、助産師として、周産期医療での高度な実践能力を有している。
■カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
【体系性】
  • 教育課程は,共通科目,専門科目,特別研究の科目群から編成される。共通科目は,専門科目の研究を深める上で基盤となる科目や看護学の発展の基礎となる科目群である。専門科目は,専門領域における知識・技術を習得する科目群,特別研究は,専門科目の履修で明確になった研究課題を,研究のプロセスを経て研究論文としてまとめる科目である。
  • 専門科目の看護学研究科目では,成人看護学,ウイメンズヘルス,高齢者・在宅看護学,公衆衛生看護学の専門領域ごとの特論と,看護学演習を設置し,専門領域における最新の知見や動向に関する理解を深める。これらの専門領域は,選択制とし,各自の研究志向にそった専門的履修を可能とする。履修が特定の研究分野のみに偏ることを避けると同時に,幅広い視野を獲得するために,選択した専門領域以外の科目の履修を必須とする。
  • 助産学実践科目は,基盤科目と発展科目から編成し,基盤科目は,保健師助産師看護師学校養成所指定規則に定める科目,発展科目は,助産の応用・発展となる科目群である。さらに,周産期での高度な実践能力を修得するために,講義・演習・実習形式の授業を学習内容の順序性や系統性を考えて配置する。
【教育内容】
  • 共通科目では,看護学研究と実践に必要な基礎的理論および研究手法を修得するとともに,倫理観を高める。
  • 看護学研究科目では,各分野において看護現象を科学的かつ専門的な視点からエビデンスを活用し分析、理論を生成・検証できる能力および看護を受ける人々の病の体験を通したナラティブな視点から看護現象を分析し再構成・検証できる能力を醸成する。
  • 助産学実践科目の基盤科目においては,助産師の資格取得に要する助産学の基礎的な知識・技術を修得する。発展科目では,助産の応用・発展に必要な高度で創造的な実践力を修得する。
  • 特別研究では,専門分野の教員を中心に研究倫理に関する理解を深め,研究手法を修得させ,学問的成果を論理的にまとめる能力を修得する。
【教育方法】
  • 初年次より各人に指導教員が付き,修士論文や課題研究論文を見据えたきめ細かな指導を行う。また,研究概要や進捗状況を公開して研究精度を高める。
  • 最新の医療機器を整備した実習室を設置し,助産学実践科目の授業および演習に使用する。
  • 助産学実践科目の臨地実習では,実習科目ごとに到達目標を設定し,段階的に学修を行う。
【学修成果の測定方法】
  • 講義形式の授業においては,試験およびレポートを中心に評価する。
  • 演習形式の授業では,グループワークや調査結果のプレゼンテーションなどの課題に対する評価を重視する。
  • 修士論文や課題研究論文については,指導教員の他,口頭試問および看護学研究科教員で組織される研究科委員会において評価する。
  • 助産学実践科目の演習形式の授業においては,授業内で学び修得した力の集大成を助産OSCE(客観的臨床能力試験)により評価する。実習科目においては,実習目標の到達度をもって評価する。
■アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
  1. 教育・研究目的
    看護学研究科看護学専攻は、「看護学研究分野」と「助産学実践分野」を軸に、リサーチマインドを有し臨床における判断力や指導力、専門的知識と技術の向上・開発を目指す看護職者や、より精深な学識と研究能力を修得し教育研究者を目指す看護職者、そして、時代の流れに沿った医療環境の大きな変化に対応できる高度な助産学の知識・技術を有した助産師を育成することを目的とする。
  2.  
  3. 人材養成の指針
    看護学研究科看護学専攻では、様々な健康レベルにある人々が、豊かで健やかな生活を確かに送れるように、理論と実践に基づいた研究能力およびエビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を備え、看護現象を探究し、看護学の発展と健康・福祉の向上に寄与できる人材を養成する。すなわち、看護実践の場で生じている課題について、論理的・創造的思考に基づいた解決方法を探究することができ、看護実践や教育・研究活動に対して積極的に取り組み、継続的な自己研鑽ができる人材を理想に掲げている。
  4.  
  5. 求める学生像
    本研究科修士課程では、上記の目的を達成するために以下のような人物を求める。
    ①看護師免許を保有し、看護職者としての基礎的な知識・技術、看護実践能力ならびに、修士論文を作成するために必要となる基礎的英語能力を有している者。
    ②保健・医療・福祉をめぐる環境が大きく変化する中、そうした環境を取り巻く様々な課題を、リサーチマインドをもって探究できる高度な看護実践者、研究者、教育者を目指す者。
    ③人々の健康生活に関わる看護学研究分野の進歩に貢献したいという情熱を持ち、新たな看護の開発に向けた研究に強い意欲のある者。
    ④高度な助産学の知識・技術の修得、創造的な助産実践に強い関心を持ち、次世代育成の視点からより良い助産ケアを学ぼうとする者。

学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
看護学研究科
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8818