看護学専攻2018年4月開設

本研究科の概要は以下のとおりです。

―看護学研究科の入試情報―

看護学研究科の入試情報については下記のページをご覧ください。

設置の目的

本研究科は、理論と実践に基づいた研究能力およびエビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を備え、看護現象を探究し、看護学の発展と健康・福祉の向上に寄与できる人材として、リサーチマインドを有し臨床における判断力や指導力、専門的知識と技術の向上・開発を目指す看護職者、精深な学識と研究能力を修得し教育研究者を目指す看護職者、時代の流れに沿った医療環境の大きな変化に対応できる高度な知識・技術を有した助産師の養成を主たる目的としています。

なお、本学看護学部の卒業生以外にも、他大学の看護学部の卒業生や、保健・医療・福祉の現場で就業している看護職者を広く受け入れてまいります。

研究科の特色

本研究科では、看護学研究分野(入学定員3名)と助産学実践分野(入学定員3名)を軸に、理論と実践に基づいた研究能力およびエビデンスとナラティブを統合できる看護実践能力を備え、看護現象を探究し、看護学の発展と健康・福祉の向上に寄与できる人材の養成を目指します。

修士課程

  • ・ 入学定員/6名(内、助産師養成課程の入学定員3名)
  • ・ 標準修業年限/2年
  • ・ 学位/修士(看護学)

想定される修了後のフィールド

  • ●看護学研究分野
  • 総合病院などの医療機関において専門的知識と技術の向上・開発を目指し、良質な看護を実践する看護職者や、教育研究能力の向上を目指し、大学院(博士課程)に進学し看護系大学において教育研究者の道を志す看護職者など。
  •  
  • ●助産学実践分野
  • 助産師国家試験に合格後、時代の流れに沿った医療環境の大きな変化に対応できる高度な助産学の知識・技術を有し、周産期母子医療センターなどで活躍する助産師など。

■概念図

教育課程

教育方針

教員紹介


学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
看護学研究科
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8818