教員紹介

「看護学専攻」に戻る

DB ・・・研究者データベース


    
氏名・職位・学位 担当科目(一部) 研究分野 研究課題 DB
岡山 寧子
教授
博士(医学)
高齢者・在宅看護学特論Ⅰ、特別研究
【特別研究テーマ】
介護予防など健康長寿をめざした支援や要介護高齢者のQOL向上をめざした支援に関する課題の研究指導を行う。
1.在宅・高齢者看護学
2.看護学教育
1.高齢者の健康長寿
2.近代看護教育史
DB
小松 光代
教授
博士
(社会福祉学)
高齢者・在宅看護学特論Ⅱ、特別研究
【特別研究テーマ】
在宅で療養する人々が、住み慣れた地域で暮らし続けるための看護支援、家族支援について研究し、論文作成を指導する。
1.在宅・高齢者看護学 1.在宅で療養する人々と家族への看護支援
2.要介護高齢者の生活機能を整える看護支援
DB
眞鍋 えみ子
教授
博士(学術)
ウイメンズヘルス特論Ⅱ、特別研究、課題研究
【特別研究テーマ】
・妊産褥婦及び育児期の女性やその家族に対するケア、健康教育とその効果などについて研究し、論文作成を指導する。(特別研究)
・女性の心身の健康の維持増進やリプロダクティブヘルスに関するテーマを取り上げ検討する。(課題研究)
1.母性看護学 助産学
2.健康心理学
1.妊娠・育児期の母子の心身の健康に関する研究
2.看護学生の教育・学習に関する研究
DB
桝本 妙子
教授
博士(社会学)
公衆衛生看護学特論Ⅰ、特別研究
【特別研究テーマ】
地域、学校、事業所における個人、家族、集団、地域への健康支援をテーマに論文を作成し、公衆衛生看護実践能力の向上と基本的な研究能力を養う。
1.地域看護学
2.公衆衛生看護学
1.地域で生活する人々の健康支援
DB
當目 雅代
教授
博士 (看護学)
成人看護学特論Ⅰ、特別研究
【特別研究テーマ】
成人期にある対象者と家族あるいは成人期の患者を対象とする看護職が抱く医療・看護における研究課題に取り組み、成人看護学の発展に寄与できる論文を作成できる研究指導を行う。
1.臨床看護学 1.成人看護教育方法 
2.視線計測 
3.周手術期看護
DB
三橋 美和
准教授
博士(看護学)
地域母子保健論、特別研究
【特別研究テーマ】
地域において個人・家族、集団、地域を対象として行われる、健康およびQOLの向上をめざした支援、具体的には母子保健活動、精神保健活動等における保健師の支援に関する課題の研究指導を行う。
1.地域看護学
2.公衆衛生看護学
1.地域の人々の健康と生活の支援
DB
杉原 百合子
准教授
博士
(ヒューマンセキュリティ)
高齢者・在宅看護学特論Ⅱ、特別研究
【特別研究テーマ】
在宅・施設で生活する要介護高齢者、特に認知症の人とその家族のQOL向上を目指した支援に関する課題の研究指導を行う。
1.在宅・高齢者看護学
2.生涯発達看護学
1.認知症の人と家族の意思決定
DB
稲田 雅美
教授
博士
(人間・環境学)
健康科学特論 1.芸術療法 1.芸術と表現病理
2.病者の芸術活動における機知表現
DB
村上 元庸
教授
医学博士
健康科学特論 1.薬物治療学
2.老年内科学
1.消化管粘膜傷害の研究
DB
橋本 秀実
准教授
博士(看護学)
国際母子保健論 1.地域看護学
2.公衆衛生看護学
3.国際保健
1.国際保健
2.学校保健
DB
和泉 美枝
准教授
博士
(人間・環境学)
ウイメンズヘルス特論Ⅰ
課題研究
1.母性看護学 助産学 1.女性の心身の健康と自律神経
DB
木村 洋子
准教授
博士(看護学)
看護研究方法論 1.精神看護学
2.地域看護学
3.在宅・高齢者看護学
1.うつ病を持つ人と家族への支援
DB
光木 幸子
准教授
博士(看護学)
成人看護学特論Ⅱ 1.成人慢性期看護学 1.慢性疾患・がん患者のセルフケア支援
DB
植松 紗代
講師
修士(保健看護)
分娩期助産診断技術学
助産学実習Ⅰ-Ⅴ
1.母性看護学 助産学 1.女性の睡眠と心身の健康
DB

学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
看護学研究科
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8818