ゼミ・研究テーマ紹介

本専攻の核となる臨床栄養学を中心に、生化学、実践栄養学、食品加工学など、食に関する多様な学問分野のゼミが豊富にそろっています。豊富な実習・実験で得た知識や達成感が、管理栄養士としての素養を築きます。

※インタビュー内容は取材当時のものです。

PICK UPゼミ

片井ゼミ

今井ゼミ 写真

ゼミ生の声

研究を通して将来の目標が明確になりました。
Y.Sさん
食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 福岡県出身
栄養と代謝の関係に関心があり「慢性腎臓病の食事療法」をテーマに研究。慢性腎臓病に合併症を誘発させたラットにメカブを投与し、腸内環境の変化や合併症の抑制力を追究しています。卒業研究で取り組んでいる実験では、結果を考察することで、また新たな仮説が生まれ、研究の可能性が広がることに醍醐味を感じ、将来のステップアップにつながる手応えを感じています。卒業後は大学院へ進学し栄養学をさらに深め、研究者としての道を進んでいきたいです。

倉橋ゼミ

今井ゼミ 写真

ゼミ生の声

今まで挑戦したことのない分野でも
ゼミを通して深く学ぶ。
N.Kさん
食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 福井県出身
栄養学とは少し離れていますが、学生実験としては珍しい遺伝子組み換え技術を用いた実験を行っています。ゼミでは、実験計画を自分たちで一から立て、論文を調べたり実験方法を模索したり、得られた結果から考察したりと、主体的に研究することが求められます。その中で、1年かけて一緒に実験を行うゼミ生は心強い仲間。遺伝子組み換え技術やゼミ生との議論は、ゼミならではのかけがえのない経験です。

今井ゼミ

今井ゼミ 写真

ゼミ生の声

あらゆる世代への食育に
かかわることができる。
O.Yさん
食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 京都府出身
高齢者の健康づくりをテーマに調査・研究をしています。ある地域の高齢者の方に健康や食事に関するお便りや、体調や生活習慣が管理できるカレンダーを送付するなど、文通による交流をしています。高齢者の方が元気に過ごすためにどんなサポートが必要か検討していきたいと思います。小学校の調理実習や栽培活動にもかかわることができ、食を取り巻くさまざまな要因を学べるのが魅力です。

森田ゼミ

能力を枠にはめず、 未知の分野も積極的に。

食品化学ゼミでは食べ物と健康について、化学的、生化学的にアプローチしています。テーマに取り組むなかで、計画・実行・まとめの手順や臨機応変な対処法など、研究・問題解決の手法を身につけていきます。今後の仕事や生活に必ず役立つはずです。

森田ゼミ 写真


ゼミ生の声

他分野の研究についても
仲間と共有しています。
N.Mさん
食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 広島県出身
食中毒の原因となるサルモネラ菌のべん毛繊維について研究しています。ゼミ生はそれぞれテーマを持っており、週に1度、各自の実験について報告を行います。皆に分かりやすく伝えるのはむずかしいですが、知識がつながって理解が深まっていくのを実感できます。

このページの先頭へ


伊藤ゼミ

実験・実習を通して自分で考え、分析し、やり遂げる力を習得。

食物アレルギーをテーマに、おいしく食べられて低アレルゲン化した食品を作製するために、いろいろな調理法を研究。食事指導するためには、相手の立場に立った臨機応変な指導が必要です。

伊藤ゼミ 写真


ゼミ生の声

I.Rさん
食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 静岡県出身
調理過程を工夫すると、新しい方法をたくさん発見できるのがおもしろいです。小児科医でもある伊藤先生の、見た目や味、食べやすさなど、患者さん目線の実践的なアドバイスが役立ちます。

このページの先頭へ


仲佐ゼミ

実験で得た知識を、管理栄養士としての大きな自信に。

生活習慣病の原因となる内臓脂肪の蓄積を抑え、インスリン抵抗性を起こさない食品成分について研究。今年度は、「何を食べるか」だけでなく「いつ食べるか」についても取り組んでいます。3~4人のグループ単位でラットを用いた飼育実験を行い、血液や各組織中の成分を分析。こうした科学的な分析力とともに、文献を読む力や論文を書く力、研究内容を発表するプレゼンテーション能力を身につけていきます。

ゼミ生の声

T.Sさん 食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 滋賀県出身

T.Sさん
食物栄養科学科 管理栄養士専攻 4年次生 滋賀県出身
食事のリズムと組成の異なる食物が脂質代謝に及ぼす影響を研究するため、ラットを用いた実験を行っています。期待していた結果が出ると大きな達成感を得ることができます。その達成感をメンバー全員で分かち合えるのも、ゼミならではの経験だと思っています。

卒業研究テーマ一例


2016年度

実践栄養学
  • ・児童・生徒の朝食の簡易栄養評価方法の検討
  • ・軟菜食摂取高齢者を対象に物性測定によるかたさ調節を行った鶏肉料理摂取率の検討
公衆栄養学
  • ・iPhone用健康管理アプリの改良、利用状況の把握及びその有用性の検討
  • ・高齢者サークルに対する健康づくり支援とその効果の検討
臨床栄養学
  • ・米粉を使ったアレルギー児のためのレシピ作成
  • ・卵・牛乳・小麦アレルギー児のための献立作成
臨床栄養管理学
  • ・血液透析(HD)患者の味覚閾値に関する研究
  • ・加熱・非加熱の生姜摂取がヒトの食事誘発性熱産生(DIT)に与える影響
栄養生理学
  • ・児童における米作り体験および食の授業による食意識・食態度の変容
  • ・疲労運動動物における海藻成分が腸内環境と免疫に与える影響
食品化学
  • ・好熱性古細菌Pyrococcus abyssi 由来のN-アセチルーD-アミノ酸デアシラーゼの結晶化と構造解析
  • ・結晶構造解析を目指した古細菌Methanosarcina acetivorans 由来キチン脱アセチル化酵素の発現系構築
生化学
  • ・抗プロスタグランジンE2(PGE2)scFabおよびscFv抗体のPGE2とその類縁体に対する結合能の確認
  • ・ポリスチレン親和性ペプチド(PS-tag)導入scFv抗体の発現及びPSプレートへの固定化条件の検討
食品加工学
  • ・リボース修飾鶏筋原線維タンパク質の機能改変(ヒドロキシラジカルを指標として)について
  • ・複合菓子中の油脂物性および組成の改変が油脂移行に及ぼす影響
栄養化学
  • ・高脂肪としてカカオバターを摂取させたラットの脂質代謝に及ぼす影響
  • ・コレステロール添加高脂肪食投与ラットの脂質代謝に及ぼす「べにふうき」緑茶飲用による影響
公衆衛生学
  • ・収穫時期、地域の違いがにんにくとしょうがの無機元素量に及ぼす影響―無機元素分析による産地判別への応用―
  • ・ミネラル摂取量のモニタリング指標としての1日尿中排泄量の有効性
    ―共存する食品成分が1日尿中排泄量に及ばす影響―
給食経営管理学
  • ・中高生の幼児期から生徒期までのだしの経験と天然だしに対する評価との関連
  • ・大量調理実習における予習力、予測力、観察力、コミュニケーション力の4つの能力の重要性についての検討
    ―試作調理時と100食調理時について―

このページの先頭へ


2015年度

実践栄養学
  • ・児童の朝食内容と朝の共食状況および調理行動との関連/物性測定に基づく軟菜食調理法の改良による鶏肉摂取率の変化
公衆栄養学
  • ・大学生による食育活動が小学生及びその保護者の食意識や食行動に及ぼす影響/iPhone用健康管理アプリの改良とその有用性の検討
臨床栄養学
  • ・卵・牛乳・小麦アレルギー児のための献立作成/学校給食献立からみた食物アレルギー対応の現状と栄養面に配慮した家庭での食事
栄養生理学
  • ・SNSを活用した栄養教育の効果について/腎機能障害ラットにおける腎機能増悪予防効果のある海藻類の機能性とその成分の探索
食品化学
  • ・深所型緑藻モツレミルがもつ新規な集光性クロロフィル蛋白質複合体の結晶構造解析/超好熱性古細菌yrococcus furiosus由来グルコサミニダーゼの結晶化条件の検討と構造解析
生化学
  • ・ポリスチレン結合ペプチド(PSタグ)導入scFv抗体の構築およびトランスフェクション条件の検討/緑色蛍光タンパク質(GFP)により蛍光標識した一本鎖Fv(scFv)抗体の発現と抗原結合能の確認
食品加工学
  • ・最大抗酸化能を発揮するリボース修飾鶏筋原線維タンパク質のランダムセントロイド最適化法を用いた調製条件の検索/複合菓子における油脂移行メカニズムの検討
栄養化学
  • ・ストレプトゾトシン(STZ)誘発糖尿病ラットに対するエネルギー制限食の有効性の検討/高脂肪コレステロール添加食投与ラットの脂質代謝に及ぼすブロッコリーの影響
臨床栄養管理学
  • ・血液透析(HD)患者の減塩指導とその効果に関する研究/血中ヘモグロビン(Hb)値の低下が運動時のエネルギー代謝に及ぼす影響
給食経営管理学
  • ・女子大学生の天然だしに対するうま味の相乗効果の感受とだしの風味の評価およびだしの利用との関連/大量調理における作業工程と盛り付け時に発生しうる栄養量の誤差の検討

このページの先頭へ


2014年度

実践栄養学
  • ・朝食における児童の調理行動を促すための食育教材を用いた介入 /高齢者向け軟菜食のレシピ改良による鶏肉摂取率の変化
公衆栄養学
  • ・大学生がサポートする小学校での食育活動の有効性/iPhone用食事記録アプリの改良とその有用性
臨床栄養学
  • ・学校給食における食物アレルギー対応献立の検討/卵、牛乳、小麦を使用しない洋菓子の作製/外来化学療法患者における栄養状態と食生活の実態調査/血液透析(HD)患者における透析間の体重変化に及ぼす食塩摂取の影響
栄養生理学
  • ・食農・食育活動による児童の食意識や態度、食行動の変容/5/6腎臓摘出ラットにおける腎機能増悪予防効果のある海藻類とその成分の探索
食品化学
  • ・サルモネラべん毛タンパク質輸送の速度論的解析/超好熱性古細菌Pyrococcus furiosus由来グルコサミニダーゼの結晶学的研究
生化学
  • ・一本鎖Fv(scFv)抗体遺伝子へのポリスチレン結合ペプチド(PSタグ)の導入および発現条件の検討/一本鎖Fv(scFv)抗体への緑色蛍光タンパク質の導入および発現の確認
食品加工学
  • ・マルトース修飾鶏筋原線維タンパク質の機能改変とゲル形成性について/リボースを用いた糖修飾鶏筋原線維タンパク質の機能改変について
栄養化学
  • ・マウスにおける抗ストレス作用に及ぼす緑茶粉末の影響/コレステロール添加高脂肪食投与ラットの肝脂肪蓄積に及ぼす「べにふうき」緑茶の影響
公衆衛生学
  • ・近年の食塩、カルシウム、脂質関連の摂取量に対する食品群別寄与率の検討/女子大生における幸福感とその関連要因
給食経営管理学
  • ・調理方法の違いによる水溶性ビタミンの大根試料中の含量と調味液への溶出量の比較 ―スチームコンベクションオーブン加熱と真 空調理加熱について―/男子高校生の天然だしに対するうま味感受性と食への興味・関心との関連

このページの先頭へ


2013年度

臨床栄養学
  • ・日本の一般的な家庭料理を基本とした卵、牛乳、小麦を使用しない献立作成
  • ・食品の調理過程におけるアクリルアミド生成についての文献的考察
  • ・食事スピードおよび咀嚼回数が食事誘発性体熱産生(DIT)に及ぼす影響
  • ・血液透析(HD)患者における栄養評価指標の検討
栄養生理学
  • ・大学生アスリートにおける行動科学理論を用いた栄養教育
  • ・食農・食育活動を通した児童の食知識や食意識の変容について
食品化学
  • ・耐熱菌 Thermomicrobium roseum 由来D‐アミノ酸デアシラーゼの結晶化及び構造解析
  • ・サルモネラ菌べん毛ロッドの構造解析
食品加工学
  • ・グルコース修飾鶏筋原繊維タンパク質の機能改変について
  • ・ヒドロキシラジカル消去能を有するマルトース修飾鶏筋原繊維タンパク質の最適化法を用いた調製条件の検索
生化学
  • ・ショウジョウバエ胚由来S2細胞による一本鎖抗体の発現および抗原との結合能の確認
  • ・一本鎖Fab抗体遺伝子の構築およびショウジョウバエS2細胞における発現の検討
実践栄養学
  • ・朝食における調理行動を促す小学生向け教材の検討
  • ・昭和30年から現在までの日本人の亜鉛摂取量の変化
栄養化学
  • ・焙煎度の異なるコーヒー豆抽出液がKKAyマウスの生体成分に及ぼす影響
  • ・RNA添加食投与ラットのプリン体代謝に及ぼす焙煎度の異なるコーヒー豆抽出液の影響
給食経営管理学
  • ・スチームコンベクションオーブン調理と真空調理による水溶性ビタミン(ナイアシン、パントテン酸、葉酸)   含量の比較と嗜好性の検討―かぼちゃの煮物について―
  • ・男子中学生のうま味の感受性の違いによるだしの味とにおいの評価の違い―味覚学習を通して―
公衆衛生学
  • ・女子大生における食選択基準と食・健康意識との関連性
  • ・女子大生における子宮頸がん検診受診行動とその関連要因

このページの先頭へ


学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
生活科学部事務室
今出川キャンパス
TEL:075-251-4211