Q&A

本学科、特に食物科学専攻に関して寄せられる質問の中から、学びの特色、免許・資格、進路といった主な項目をピックアップして紹介します。

Q1私は料理が大好きです。食物科学専攻ではどのような調理実習をするのですか?
A1調理実習は、1年次で調理技術の基礎を学び、3年次で和・洋・中華料理のより高度な内容を学びます。一般に「料理」は少人数でのよく知った相手(家族や友人など)を対象に愛情やおもてなしの心を込めて作ることを前提にします。食物科学専攻では「おいしさ」を科学するための理論と実践を追究します。
Q2フードスペシャリストの資格は就職にどのように生かされるのでしょうか。
A2フードスペシャリスト資格は民間団体が出しているもので、食のおいしさを支える多様な知識・技能を習得した食の専門家を認定するものです。現在、企業での認知度が広がりつつあるところです。学内で受験できる資格認定試験は、外食や食の流通・製造分野に必要な「食」に関する総合的・体系的な知識の習熟度を問われるため、就職活動前の食の知識の総復習にも役立っています。
Q3食品メーカーへの就職というのは、具体的にどのようなところに配属されるのですか?
A3例えば、新製品の官能評価を必要とする商品開発や家電新商品のメニュー開発、食物学の知識を生かした企画営業や製造、実験操作技術を必要とする成分分析・品質管理部門などです。
Q4食品会社へのインターンシップは誰でも参加できるのですか。
A4全学的に取り組んでいるインターンシップの実習先の中に食品会社が含まれています。これに加えて、食物科学専攻では、食品会社の企画・開発・研究部門やクッキングスクールを実習先とした食物科学専攻の3、4年次生のみを対象としたインターンシップを実施しています。参加人数に限りがあるため、希望者の中から面接と成績で選考しています。

学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
生活科学部事務室
今出川キャンパス
TEL:075-251-4211