授業紹介

新しい「食」のあり方を発信するために必要な、食品・調理・栄養に関する幅広い科目構成。豊富な実験・実習と並行し、論理的思考を養う授業や京料理、和菓子など京都ならではの食文化に触れる授業も特徴的です。

※インタビュー内容は取材当時のものです。

  • 京の料理と菓子
    京の料理と菓子
  • 調理科学実習
    調理科学実習
  • 食品バイオテクノロジー実験
    食品バイオテクノロジー実験

食品化学Ⅰ・Ⅱ

食品中の主要成分や重要な微量成分の化学構造と性質、分離分析法を学びます。また食品の貯蔵・加工・調理の間に起こる成分の変化や成分間の相互作用を理解します。

栄養学

人が食物として摂取する栄養素は生体内でどのように変化し、エネルギー源や身体構成成分として利用されるか、また健康に対する栄養素の役割を学びます。


京の料理と菓子

京都の料理と菓子の伝統文化を体感し、京都、さらには日本の食文化・食生活への理解を深めます。京都が育んできた食への思いを知り、五感で味わう食の大切さを学びます。

食品官能評価論

官能評価とは、物質の特性を人間の五感によって評価・測定すること。機器を用いずに信ぴょう性の高いデータを得るために、人間の感覚の特性などについて学びます。


食品バイオテクノロジー実験

微生物や動植物の生命現象の仕組みを利用したバイオ技術について、細胞培養、細胞融合、遺伝子組み換え、バイオリアクターの4つの基本を実験を通して理解します。

調理科学実習 Ⅰ〜Ⅳ

Ⅰ・Ⅱでは基本的調理法を操作別に分類して実習し、Ⅲ・Ⅳでそれらを実際に活用、発展させ、献立や四季の客膳調理などに応用する力を養います。



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
生活科学部事務室
今出川キャンパス
TEL:075-251-4211